マツダ・メーカー別の特徴と評価、試乗レポート

2022年記事 マツダ

CX-5試乗(MC後)「6」
小ネタ/小さな長所短所

間違いいっぱいの自動車選び。CX-5・2022年式(マイナー後)の試乗レポ。通称「後期CX-5」です。

6ページ目です。

「小さな長所短所・評価総合」

マツダ
  • グレード:“20Sプロアクティブ”
  • 年式:2022年式
  • 車両価格:291万円
  • デビュー年:2018年
CX-5内装・インパネ1CX-5内装・インパネ2

乗って感じた小さな長所短所「1」

CX-5:小さな長所短所「1」

決め手になるほどじゃないような、乗ってわかった小さな長所短所。その1。

エアコン操作のスイッチ

マツダ車オーナー以外ですと、戸惑ってしまうかもしれない部分。

エアコンスイッチ1エアコンスイッチ2

空調全体のOn-Offは「電源マーク」みたいなアイコンになってます。

またACのOn-Offは、ECO機能への切り替えも兼ねていて、押すたびにAC-On、AC-ECO、AC-Offと切り替わります。

バックチャイムとハザード

ハザードスイッチ

ハザードを付けたままバックに入れると、ハザードの音が止まります

気配りかもしれませんし、チャイムが同系統なのかもしれませんし、他の理由かもしれません。

他車でもありますが、筆者は同時に鳴ってくれるタイプが普通と思いたいです。
これだと、出し忘れたと思って再び押しちゃう=消してしまうことがあります。

メーター輝度とスイッチ

メーターの明るさ調整は、基盤から飛び出てるであろうスイッチを回すタイプ。通常、暗い夜間に調整しますから、スイッチが見えず大変です。
頻繁に触る部分じゃないけどね。

メータースイッチステアリングスイッチ

デジタル表示部の切り替えはステアリングスイッチ左手側。INFOという部分を押します。

シーソースイッチの中央を押すのは神経使いますので、例えばその下の独立スイッチと入れ替えてくれたら嬉しいかなとも思いました。

 


内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

乗って感じた小さな長所短所「2」

CX-5:フロントグリルとエンブレム

決め手になるほどじゃないような、乗ってわかった小さな長所短所。その2。

助手席シート

助手席シートにもシートリフターが備わります。上下の高さ調整が可能です。

助手席1助手席2

運転席と座り心地が異なるなぁ〜、と思っていたら、シートバックのランバーサポートが異なりました。

運転席は張り出し量が調整可能です。

ハンドルヒーター

ハンドルヒーター

ハンドルヒーターのスイッチはセンタークラスターの助手席寄りの位置にあります。

知ってれば押すに困ることもないですが、どこだっけと忘れちゃいそうな位置でもあります。

気配り効いたトノカバー

トノカバーはテールゲート側に張り付いています。
でも、運転席から普通に後ろは見えますし、開けた時も後ろが見えます

テールゲート1テールゲート2

パワーテールゲートだったので、運転席から開閉してみると、開けてる途中は後ろが見えず不安です。

でも最大まで空いてしまえば後ろが見える工夫がされていました。開閉シーンはYoutube動画に入れます。

CX-5の特徴10秒チェック

CX-5:ボディデザイン夕方

単純明快・簡潔に。長所短所をまとめました。
お手数ですが意味不明な部分は本文でチェックして下さい。

  • 美しいとかエレガンスという言葉が似合うボディデザイン。
  • フワフワってわけじゃないけど不満のない乗り心地。
  • リアシート乗り心地も上下に揺れにくく、突き上げ気にならず。
  • 切り込んでいくとグッと重くなるパワステ特性。
  • 見切り性能低い反面、包まれ感強い内装造形。
  • 唯一レベルで気になるのは2000〜3000回転時のエンジン振動。

 


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」試乗レポートです。

CX-5内装・メーター1CX-5内装・メーター2夜間

CX-5(MC後)評価総合

2021年11月のMCで大幅進化したと聞き、乗ってみれば想像以上に大変化!

こと快適性に関しては1クラス上のクルマに!
美しいボディデザインに見た目負けしないように。

ボディデザイン・リア最大の魅力は、この美しさとそれに負けない快適性
乗り心地とか静粛性とかね。

弱点は2000ccエンジンの質感および燃費という印象。なので価格なら2000cc、質感なら2500cc、燃費ならディーゼルとなりそうです。

その他、小柄なドライバーには少し厳しそうな見切り。シートを上げてもキツイ可能性があるので、ご確認をぜひ。

マツダ CX-5

マツダ

CX-5 ガソリン

  • 試乗グレード:“20Sプロアクティブ”
  • 年式:2022年マイナー後
  • ミッション:6AT
  • 型式:KFEP
  • 車両価格:291万円

概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン型式:PE-VPS

その他概要

  • ボディサイズ:4575×1845×1690mm
  • 車重:1540kg
  • 発売開始時期:2018年〜
  • 新車時価格帯:250万円〜400万円
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー





試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設22年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社