マツダ・メーカー別の特徴と評価、試乗レポート

2022年記事 マツダ

CX-5試乗(MC後)「1」
試乗車と特徴概要

間違いいっぱいの自動車選び。CX-5・2022年式(マイナー後)の試乗レポ。通称「後期CX-5」です。

1ページ目です。

「大幅進化のビッグマイナー後CX-5」

マツダ
  • グレード:“20Sプロアクティブ”
  • 年式:2022年式
  • 車両価格:291万円
  • デビュー年:2018年
CX-5内装インパネ1CX-5内装インパネ2

試乗車概要:CX-5(マイナー後)

CX-5:ヘッドライト(MC前)

CX-5はマツダで1番人気と言われるSUV。2018年に登場し、2021年11月にはビッグマイナーチェンジが行われ、見えない部分が大幅進化しています。

ヘッドライトとテールライト内部に、角丸で四角い意匠が取り入れられているのがMC後です。

人気車らしい乗り味!でもそれだけじゃない!

人気車らしさを感じる操縦性と快適性。こうした普遍的とも思える乗り味にプラス、楽しいと思わせる要素も持ち合わせます。

試乗したCX-5

ボディフロント斜め当ページ試乗車は2022年式マツダ・CX-5「20Sプロアクティブ」。車両型式はKFEP

車両価格は291万円。

ビッグマイナーチェンジを経た、いわゆる後期モデルです。

グレード「20Sプロアクティブ」は、運転席パワーシート、ハンドルヒーター、パワーテールゲートを中心に装備が充実しています。

前期モデルは別ページで!

ヘッドライト/テールライト内部が丸いイメージ、それがいわゆる前期。2021年11月のマイナーチェンジ以前のモデルです。

前期・ヘッドライト前期・ボディデザイン
後期ヘッドライト後期テールライト

試乗レポートと、乗り味比較を別ページに記載しています。

 


内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

クルマのキャラクター

CX-5:ボディデザイン・前

上品に美しいボディデザインは多くの方に評価され、筆者も同様に、エレガンスという言葉がピッタリかと思います。

CX-5:ボディデザイン・前

クーペ風ってわけじゃないけど、フォーマルにも似合うと評価される、泥臭くない都会的SUV。

聞くところ、マツダってデザイナーの立場が優遇されているんですって。

ビッグマイナーで乗り味も立派に!

ストラットタワーと補強MC前のCX-5は見た目と乗り味が不一致?そんな印象も受けました。

似つかわしくない突き上げや微振動、エンジンの振動だって目立っていました。

そんなCX-5が大変身!
もうね、見た目負けしてるとは言わせないよって気合
が感じられます!

快適性で同世代ハリアーと競えるレベル。超えてるって感じる部分もある!
今度は見た目から「期待を裏切らない乗り味」。乗り味も立派です!

うん!楽しい!

加えて、6ATというクルマ好きを喜ばせてくれるコンポーネンツ
スポーツだなんだと意識しなくたって、勝手に変速されるだけで高揚感が高まります。

シフトセレクターここは明確に、CVTのハリヤーとは異なる層から支持されるポイント。
乗っていて運転が好きになるユーザーは、こっちの方が多いはず。

だって、CVTのレースゲームとか、きっと楽しくないでしょ!?

見出し的な印象

CX-5:ローアングル

概要的な特徴を上げていきます。気になる部分ございましたら、詳細ページをご覧頂ければと思います。

快適性

フワフワじゃないんだけど、ゴツゴツしないし、強い突き上げは皆無。「SUV」という注釈を付けなくても優れた乗り心地だと思いました。

乗り心地着座姿勢

特に強調したいのはリアシートでの乗り心地。フロントよりは引き締まって感じるけど、上下の揺すられ感が抑えられていて、突き上げも抑えられてる。

加えてシートを柔らかくしてる乗り心地じゃないから、体にフワフワが残らない。

マツダ車の試乗レポートをまとめる中で、「最も印象的なのは乗り心地」。そう書くとは思いもしませんでしたw

乗り心地とボディ見切りに関する話題は、2ページ目です。

ハンドリング・エンジン&ミッション

市街地では重いと感じるくらい重厚で、山道ではバランス良いと感じる操縦性。

ステアリングとハンドリングフロントタイヤ

駐車場とか回り込んだコーナーが続くと、筆者の体力だと疲れました。逆に舵角の少ないコーナーでは気持ちよく。そんな印象のハンドリング。

エンジンルームエンジンは振動の気になる回転数があって、でも前期モデルからみれば圧倒的に低振動で、そうはいってももう少しの上質感を望みたい部分

ミッションはステップ式の6AT。
魅力は多くの場面で味わえました。

具体的な運転感覚は、3ページ目です。

もっと大きそうと思える内装

実際より大きなクルマに乗っているような、そんなインパネやセンターコンソール。

ハンドルナビコントロール・コマンダー

見切り性能とトレードオフされたかのように、包まれ感から立派な印象を受けます。

インパネ上部とメーターフードエアコンダクト

助手席での印象やリアシート快適性などにも言及しています。

インパネ〜ラゲッジスペースの印象。4〜5ページ目です。

気配りや小ネタ

決め手にはならなくても、気になる小さな長所短所。

エアコン操作部ステアリングスイッチ

最近はけっこうチカラを入れているコーナーです。

気楽なコーナーなのでぜひ。6ページ目です。


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」試乗レポートです。

CX-5内装・メーター1CX-5内装・メーター夜間

動画:CX-5試乗レポート

CX-5試乗レポート、動画版です。動画はいくつかのテーマで複数本アップしています。

マツダ CX-5

マツダ

CX-5 ガソリン

  • 試乗グレード:“20Sプロアクティブ”
  • 年式:2022年マイナー後
  • ミッション:6AT
  • 型式:KFEP
  • 車両価格:291万円

概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン型式:PE-VPS

その他概要

  • ボディサイズ:4575×1845×1690mm
  • ホイールベース:2700mm
  • 車重:1540kg
  • 発売開始時期:2018年〜
  • 新車時価格帯:250万円〜400万円
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

振動が気になるのと、個性を感じるスロットル特性。

駆動系質感 5段階評価

6ATという魅力!フィールも前期型より良好。

足回り質感 5段階評価

縦揺れ少なく、衝撃が強くもなく、強い突き上げも気にならず。

内外装の質感 5段階評価

端正で滑らか、ボリューム感もある。

走りやすさ 5段階評価

良い部分もあり気になる部分あり。見切りと重いハンドルが難しい。

お買い得度 5段階評価

前期型と価格変わらず、快適性は大幅アップ!気になるのはCX-60の存在。






試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設22年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社