自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・スバル
HPヘッダー画像

2015年記事 スバル インプレッサ
著:ヒラリー男爵

インプレッサ(2015年)試乗評価「5」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。スバル・インプレッサ(GP2)。当記事は2015年式を中心にした試乗レポート。

当ページは5ページ目です。

「競合車比較、評価総合」

スバル
  • グレード:“1.6i”
  • 年式:2015年式
  • 型式:GP2
  • 車両価格:160万円
  • デビュー年:2011年12月〜
内装内装2

初期モデルとは変わりスバルらしさが色濃く。価格上昇も最小限で独自の魅力を持つクルマです。


  1. 分割 - インプレッサ(2015)「2-1」個性が強いキャラクター
  2. 分割 - インプレッサ(2015)「2-2」エンジン&CVTの特性特徴
  3. 分割 - インプレッサ(2015)「2-3」乗り心地とコーナーリング感覚
  4. 分割 - インプレッサ(2015)「2-4」細かな長所短所とラゲッジ
  5. ここ - インプレッサ(2015)「2-5」ライバル車比較と評価総合

エンジンで比較、特徴的な車種

フィット、クセになる1500ccエンジン

フィットRS3代目フィットRS(1500ccのCVT)に試乗した時、エンジンにこんな事を思いました。

低回転スカスカだし、いうほど高回転型でもないし、さらに野蛮なエンジンサウンド。荒っぽすぎて雑すぎる。初日は「なんだよコレw」って本気で思った。

だけど2日目、3日目、さらにその翌日も、無性に走りたくなり、早起きしてロングドライブに出発。音が、フィールが、気になって仕方がない!そう、エンジンの個性を味わいたくなるんだよ。

フィットの1500ccをアラっぽいと評価すれば、インプレッサのエンジンはバランス悪い。もっともっと良い時と悪い時がハッキリしている。

だからこそ、「滑らかになる瞬間を味わいたかったんだ!」そんな感じでクセになれば、目的もなくドライブに出てしまうことだろう。エンジンなんて脇役でいい、そんな方こそぜひ一度!

速いけど優秀すぎスイスポの1600cc

フィットRS

インプレッサやフィットのエンジンは、書いてて目がキラキラしてしまいます。なんていうか「この喜びを伝えたい」という魅力がいっぱいなんだよね。

逆に優秀過ぎて無味無臭な1600ccを。ターボが付いたスイスポのエンジンを上げたい。静かで速い優等生。ドライバビリティも優秀で、雑に扱ってもジャダーさえでない。

スイスポにコレ求める??ってな感じです。

クルマらしさ満点のフリード

フリード

小さな3列シートミニバンのフリード。ミニバンだからエンジンは黒子であって欲しいと思うけど、フリードの1500ccは存在感十分。

ボディに対して小さめなエンジンは出だしから負荷が高そうで、如何にもエンジンというノイズを聞かせる。

音質も今風ではなく伝統のエンジンノイズ。ガラガラ、グォォォンとクルマらしさ満点。ゆっくり走っていてもこれは、お子様大喜びかもしれません。


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

比較:トヨタ・オーリス

フリードこのインプレッサ・スポーツと同じようなボディ形状、サイズのトヨタ車がオーリス。いわゆるCセグメントハッチのトヨタ版です。

現在オーリスは「1200ccターボ付き」「1500cc」「1800cc」とエンジンがラインナップされ、記憶が正しければ、3ペダルMTも用意される。

筆者が試乗したオーリスはデビュー当時の1500cc(CVT)と、2015マイナーチェンジ後の1200ccターボ(CVT)の2車。簡単だけど両車の特徴を考えてみる。

オーリス120Tというグレードは、VWゴルフを明確に意識したクルマらしく、後発の優位性を生かしたクルマだろう。ゴルフの欠点を付ける長所と、ちょっとした個性の違いを出してきた。

丁寧に運転しなければギクシャク感がでてしまうゴルフ。一方で日本の道で滑らかに加減速しやすいオーリス。個性の違いといえばよりターボらしい独特の加速感を演出しているのは、オーリスの新エンジンの方

車両価格も近い。ここから予想できる事は、何かしら個性がなきゃダメという事でしょう。

インプレッサをオーリスと簡単比較

トヨタ今回のインプレッサとオーリスを比較すれば、単純に良いクルマ感が高いのはオーリス。日常でわかりやすい上質感ていうのかな、誰でもわかる。

オーリスが多少の個性を武器にしているとすれば、この2015インプレッサは個性の塊。この2台を比較してからインプレッサをチョイスしたら、足代わりというより相棒に近い、それほどクルマのことを考える時間が増えるだろう。

またお値段、オーリス120Tは高価(約270万円)。装備内容を気にしなければインプレッサのベースグレードは安い。しかし安いから仕方なく選ぶというわけじゃなく、個性が強いからこそ積極的に選べる。そもそも油圧パワステに惹かれれば、このグレードしかない。素晴らしい。

一部ショックアブソーバーの質感など、インプレッサが勝っている部分がある。ここは誇りを持っていい部分だと思う。しかし少々マニアック。どちらかと言えば「トヨタ車なんてつまんないよ?」、こんなトコロに誇りをもてるかもねw

ちょっとアニキ分なレヴォーグ

2014年6月に発売された、スバル・レヴォーグ。インプレッサのアニキ分的存在で旧レガシィクラスのボディサイズを持つワゴンタイプ。

もともとレガシィも高級インプレッサみたいな部分があったと思う。しかしレヴォーグは内装も外装も、見るからにインプレッサのワゴン。

試乗したのは「1.6GT」。レヴォーグの方が上級車種ながら、実はインプレッサの方が長所が多いのが面白い。

なんでインプレッサの方が滑らかなサスペンション??メーカーの都合にはクエスチョンばかり。現状ではスポーティに走った時のスバルらしさもインプレッサの勝ち。

静かなエンジンノイズと排気音からくる車内静粛性、最大加速体制に入ったあとの絶対的な加速力といった部分でレヴォーグ優勢だけど、お値段の差もなかなかデカイ。アイサイトが付いて約280万円。

価格は誰がどうして決めてるの??

例えばトヨタ、最近は素晴らしくまとまったクルマが多いけど、マイナーチェンジで価格が上がる上がる。良いモノなら高いのはしょうがないってちょっと待て、以前なら1クラス上が買えた価格だぞw

モデルチェンジを含めればマツダもそう。どちらも絶妙なオプション設定で乗り出し価格にビックリすることもある。仮にデミオやアクセラで新旧比較すれば、値引きオプション含めた実売価格は30万円位変わるのも不思議じゃない。

価格アップをしないで長所を伸ばすとすれば、見えない部分でコストダウンは行われていることでしょう。
でもこれによってスバルらしさがより際立つとすれば、消費者にとってとてもすばらしい事。価格へ転嫁されない魅力アップ、全てのマイナーチェンジで期待したいですね。

インプレッサインプレッサG4

評価総合:2015インプレッサ

エクステリア:フロントエンジン、CVT、サスペンション、主要部分全ての味が濃い!地味に見えて個性強い2015インプレッサ。

マツダ車は欧州車ライクだと評価されることがある。ライクは似ているって意味ね。そう考えるとこのインプレッサも欧州車ライクではないだろうか。

恐れず言えばマツダ以上に欧州車らしいと思う。長所ハッキリ、スイートスポットが広いとも感じられるサスペンションセッティング。2015年インプレッサの特徴は一言ではまとめられない。

筆者ヒラリー男爵、実は2週間も考え続けている。買うワケじゃないのにインプレッサの事考えてるんだよねw それだけ楽しませて貰っています。

実用車で望ましいのはハイレベルなバランス。趣味用のクルマとして素晴らしいのは一芸に秀でたクルマ。インプレッサを運転すれば気配りの足りない部分がいっぱい。だけどそれさえ演出と思えば楽しめる

地味なようで個性の強いインプレッサ、トヨタを基準にすればトヨタにない長所短所がいろいろ。質感だけがクルマの評価じゃない。そんな個性に惹かれれば魅力高い一台です。

  • 5.現在のページ

スバル インプレッサ

スバル

impreza (インプレッサ)

  • 試乗グレード:“1.6i”
  • 年式:2015年式
  • 型式:GP2
  • 新車価格:約160万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー





試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です