アルテッツァ試乗「P2」ドライビングフィールや参考データ

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2003年記事・2012年改修 
トヨタ アルテッツァ 著:ヒラリー)

トヨタ・アルテッツァ試乗「2」

アルテッツァ試乗レポート、前期RS200Zエディション&後期RS200リミテッド2
前期型と後期型の試乗感想がミックス&追記。 まとまり無くなっています。申し訳ございません。

当ページは2ページ目です。「ドライビングフィールや加速などの参考データ」など掲載中。

アルテッツァ内装アルテッツァセンターコンソール
トヨタ
  • グレード:“RS200 Z-ED”
  • 型式:SXE10
  • 車両価格:約250万円
  • デビュー年:平成11年〜

※内容は辛口評価です。試乗して購入の際のチェックポイントとしてお役に立てれば幸いです。

  1. 分割page - アルテッツァ試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. このpage - アルテッツァ試乗「1-2」・スポーティドライブでの印象
  3. 分割page - アルテッツァ試乗「1-3」・サーキット走行やアフターパーツ
  4. 分割page - アルテッツァ試乗「1-4」・内装と評価総合

走行感覚・運転感覚

アルテッツァメーター(夜)白LEDアルテッツァって、ちまたの評価は最悪です。トヨタの汚点的スポーティセダンになってる!デビュー前は評論家様に期待され、デビュー後はこけ落とされて。

でも実は!トヨタはきちんと手を入れて、後期モデルはとってもいい感じ

日常での市街地走行から良いです。直進安定性の良さ。それからノイズが出にくく響かないボディからはボディ剛性感が感じられ、このクラスとして悪くない質感の持ち主です。

マイチェン繰り返しハンドリングも進化

ハンドリングはノーズがスッと向きを変えてくれる上に落ち着いていてフラつきません。時速120qくらいまでだと、スリリングな面白さは感じにくく、でもつまんないわけじゃない。文句の付けようがありません。

デビュー当初の前期モデルに試乗した際は、良くできたFFと大差ないと感じました。それが数回のマイチェンを経て極上のステアフィールに。ステアリングを回す感触だって気持ち良いし、インフォメーションも豊富。クルマの感触が伝わってくるのは喜びです。

クルマの状態をドライバーに伝えてくれるのがインフォメーション。例えばリアタイヤが滑りそうな時、腰の辺りにムズムズ感として伝えてくれます。最初にムズムズきて、そのあとコクコクと伝わってきて、これがやっぱりスポーティカー。アルテッツァはなかなかいい素質を持っていると思います。

問題は弱い加速力

スポーティ走行といえばターボ車が当たり前の時代に2000ccのNAエンジン、しかも高回転仕様では、絶対的な加速力として厳しいものがあります。

ステアフィールなどハンドリング面は良いんだけど、低速域では挙動乱すのも大変、パワーでお尻振るのも大変。いつでもオーバーステアに持っていけるわけじゃありません。カタログが馬力があてにならないことに加え、アルテッツァは若干、重いんです。(カタログ車重は1350kg)

後輪駆動車だから、急な動作をすればリアを出せます。ハンドル切った状態でアクセル踏みながらクラッチを蹴り飛ばすとか。そうすればキュルキュルキュルとホイルスピンするし、クルマはスピンだってします。

でもこう、アクセル一発でというパワーがありません。完璧にギヤ比の合うコーナーで上手くフロントが入って弱オーバーステアが出ます。

17年式RS200、後期モデル

グリル(後期)アルテッツァが後期モデルになるころには、周りからスポーティ指向のクルマが激減。居住性や経済性を重視した実用車が大多数。

そんな中でアルテッツァはよりスポーツ色を強めました。後期モデルでの試乗では、相対的な評価は非常に高いです。

サスペンションは渋くて固くて、でもグニャッとロール。段差でドタバタするわりにロール始めれば一気にロール。質感の低いショックアブソーバーが使われています。

適度なペースで高い走りやすさ

スポーティ走行では、サスペンションの柔らかさを感じないペースでの走行で好印象。コーナーでの安定感は高く、思い通りに走れないときの修正がラク。またS字カーブでの切り返しも不安感なく行える。フロントが軽い感覚はFRクーペ的。

ステアリングは、路面からのインフォメーションが強く感じられる味付け。中心付近は軽く回り、操舵に反応。フロントに負荷が掛かると重くなる。
全体的に軽めだけど、軽くなったり重くなったりクルマと対話ができる。LSDが効いたときにはじき飛ばされる感覚がないのもこの扱いやすいステアリングのおかげかもしれません。

BMWと比較しちゃう?

2004年10月〜発売されている初代BMW1シリーズ。116iの車両価格は約300万円だから、アルテッツァRS200とそんなに大きな差は無い。

2005年式で走行30000kmのアルテッツァと、2010年式で走行2万kmの1シリーズをちょっと比較。中古車でも安いです

FF(前輪駆動)との違いは?

アルテッツァはFR(後輪駆動)。FF(前輪駆動)と比較すれば、とにかく素直なハンドリングがFRの特徴。現状ではFRのメリットはけっこう多く、アルテッツァはその良さがわかりやすい。マーク2・クレスタ・チェイサーやクラウンでFRの良さがわかりにくかった方でも、きっと良さがわかります。体感できる部分はこんなところ。

  • 加速中にやたら直進性が高まるのがFF。
  • トルクステアによる緊張感が強いのがFF。
  • ステアフィール戻し方向は押さえつける感じになるのがFF。
  • リアが出るとけっこう急な場合も多いのがFF。
  • 低速コーナーでフロントの軽さを感じる自然なハンドリングがFR。
  • ダイレクトなミッション、精密な感じが心地良いMT操作がFR。
  • 走りたいところを走れる、コーナー中盤からの自由あるのがFR。
  • ブレーキングでリアが伸び上がりにくいのがFR。
  • リア周辺のフロアがブルブルしにくいのがFR。

普通の乗用車から見ればアルテッツァはやはりスポーツセダン。こういった特徴そして軽く感じるフロント。特にマイナーチェンジ後のモデルは初期のモデルより良くなっています。

FR車も長所ばかりでなくて、パッケージングや車両重量面では不利といわれます。

参考加速タイム

同乗者による手元のストップウォッチでアルテッツァの中間加速力を計測しました。

計測した条件と結果

計測条件は大人の男性2人乗車。ガソリン残量はメーター半分よりちょっと下。風はほぼなし。タイヤ空気圧フロント2.2キロ、リヤ2.0キロ。道路は直線。

ミッションはTRDのクロスミッションに変更。6速は日産シルビアのギヤを流用。クラッチとフライホイールはトムスブランド。
ただし今回は1速または2速でシフトポジションホールドでの走行記録。タイヤは「ダンロップ・SPスポーツ」。

  • メーター読み時速10kmから60kmまでの加速タイム ・・・ 4.10秒
  • メーター読み時速30kmから80kmまでの加速タイム ・・・ 6.35秒
  • メーター読み時速47kmから97kmまでの加速タイム ・・・ 4.90秒

標準装備のデジタルスピードメーターを見ながら計測しました。
計測タイムの正確性はさておき、パワーバンドである5500回転以上を活用出来る場合が最も加速してくれる。2速レッドゾーンちょっと入って時速97キロ。

※追記:計測した時は点火プラグが減っていた可能性が発覚しました。後日再計測できたら掲載します。

巡航時のエンジン回転

  • 時速80kmの時 ・・・ 現在テスト中
  • 時速100kmの時 ・・・ 2900回転

100km巡航時のエンジン回転数は、3000回転を少し下回る。これはS15シルビアの6速ギヤに変更した時点での回転数。ノーマルの時はもう少し高めでした。

時速100km時のエンジン回転数は、2000cc〜3000ccクラスの5速スポーティモデルで2500回転〜2800回転くらいのクルマが多かった気がする。ギヤ比って何を基準に決定しているのか、たまに疑問に思うことがある。

アルテッツァシート表皮張り替え済みなレカロSR-3。車内で存在感あり、座っても良し。最近のモデルよりホールド性が重視されている。

複数のタイヤをチェック

アルテッツァタイヤ03タイヤを替えればクルマの印象が変わる。そりゃ高級感とかがいきなり変わる訳じゃないですが、ステアリングフィールなどは”ホントに同じクルマ??”っていうほど変化がある場合も。

だからそう、運転の楽しさという分野は大きく変わります。アルテッツァでは格安輸入タイヤなども長期使用をしながら使用レポートを公開中です。

タイヤの使用感、評価は下記ページにまとめています

トヨタ アルテッツァ

トヨタ

試乗1・SXE10前期 altezza

  • 試乗グレード:“RS200 Z-ED”
  • 年式:前期
  • ミッション:6MT
  • 新車時価格:約250万円

試乗2・SXE10後期 altezza

  • 試乗グレード:“RS200 LTD2”
  • 年式:17年(2005y)後期
  • ミッション:6MT
  • 新車時価格:約230万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします。
ヒラリー男爵

適合バッテリー

アルテッツァ4気筒モデル

SXE10 - 3S 2000cc 2001年〜
42B19L
60B24L (純正ナビ付き)


アルテッツァ6気筒モデル

GXE10 - 1G 2000cc 2001年〜
42B19L
60B24L (純正ナビ付き)

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

グリル(後期)
最終型アルテッツァは海外でのレクサスISと共通になったグリルデザイン。
ドライバーが運転中に見える訳じゃないから、何でも良いというのが本音。


灰皿
灰皿が標準。やはりセダンはこうでなくっちゃ!

シートベルト
シートベルアンカーの未使用時はこんな感じ。走行中にカタカタ言わないように工夫されている(浮いている)。引っ張るのも戻すのもラク。


リアシートにもカップホルダーが装備。

アルテッツァタイヤ
純正アルミ、Zエディションからの流用。問題なし。

アルテッツァタイヤ
ダンロップSP SPORT MAXX TT。別ページにて使用レポート掲載中。

アルテッツァタイヤ
注目のピンクリボン付きタイヤ。超低価格な輸入タイヤです。試しに使用しています。



グッドイヤーLS-EXE。価格が魅力のドレスアップ系だった先代から内容もお値段もレベルアップ。


トランクはボディサイズのわり幅に余裕ある。セダンならでは。ゴルフバッグの横積みなんて超余裕。


試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。