プレミオ試乗P4/細部の長所短所

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2015年記事 トヨタ プレミオ
著:ヒラリー男爵)

トヨタ・プレミオ試乗「4」

間違いいっぱいの自動車選び、試乗車はトヨタ・プレミオ/グレード「1.5F EXパッケージ」。トヨタ流の高級車感覚が身近な価格で表現されています。

当ページは4ページ目です。「細かな長所短所」などを掲載中。

プレミオ内装1プレミオ内装2
トヨタ
  • グレード:“1.5F EXパッケージ”
  • 型式:NZT260
  • 車両価格:203万円
  • デビュー年:2007年6月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - プレミオ「1-1」・概要と車内内装
  2. 分割page - プレミオ「1-2」・エンジンなど走行感覚
  3. 分割page - プレミオ「1-3」・乗り心地と静粛性、燃費
  4. このpage - プレミオ「1-4」・乗ってわかった長所短所
  5. 分割page - プレミオ「1-5」・ライバル比較と総評

その他細かな部分

プレミオ・木目調ステアリング

じっくり試乗してわかった細かな点など。

ドアハンドルにメッキパーツ

ドアハンドル

ドアハンドルはメッキパーツで装飾されている。プレミオでというワケじゃないがこのタイプ、静電気がビビッとくる。

マークXジオもこのタイプで冬場、特にドアを閉めるのがコワイ。やむを得ず、上部のプラスティック部分をそっと押してドアを締めている。
同じようにトヨタのSAI、やはりこのタイプ。気にしたことがないというオーナーを見ていれば、ドアの窓枠を押してドアを締めていたw

またSAIのレクサス版であるHS250、こちらはドアハンドルにメッキなし!このメッキはある意味、ユーザーを舐めているかもしれませんぞw

反射するハザードスイッチ

ハザードスイッチ

光沢で反射の強い表面を持つハザードスイッチ。しかもやや上を向いて設置されているから、けっこう光が反射する。
昼間だけじゃなくて、夜間の街灯や店舗照明などが反射することもあり、こちらの方が眩しく感じることがある。

 

滑りにくいコンビハンドル

コンビステアリング

ステアリングの木目調部分、一見すると滑りやすそうだけど、実はそんなことはない。レザー部分よりも滑りにくく、このあたりは高級車と同様。

表面は軟質なクリア層で、かなり柔軟性がある。そのためキズが付きにくい。もし気になった場合は、プラスティック用の極細コンパウンドで復活。

インパネの軟質パネルについて

軟質パネル

中〜高級車は柔らかくブニュブニュした素材で内装が構成されている。中級車はインパネ上部や特に目が着く部分に限定。高級車では手が触れる部分や足下の見えない部分までが軟質素材となる。

”ソフトパッド”とか”軟質パネル”とか”ウレタン表皮”とか様々な名称で呼ばれるコレ、見た目が違う事もある。触って良いだけじゃない。ダッシュボードなんて普段触らないからね。

写真はプレミオの一部。左上が軟質パネル、右下がハードパネル。見ればシボ(模様)の深さや濃さ、曲げ部分の伸びなどに違いがわかると思う。実際には鈍い光の反射など、実車だともっと違ったりする。
だから、あえて指で押してみるようなマニアじゃなくても、見た感じから豪華さが伝わる。

ポジショニングやライバル車

販売チャンネルの異なるアリオンと兄弟車がこのプレミオ。販売はアリオンがトヨタ店、プレミオがトヨペット店。

どんなクルマかと一言で表すと、旧カローラと同じような内容を持つといわれる、旧カローラの上級版がこのプレミオ。言ってみれば高級カローラという感じでそれはもはや小さな高級車。特に内装インパネ周辺、写真で見るより実車はよほど立派

ボディサイズは全長4595mmの横幅5ナンバーサイズ。ライバルは日産シルフィを始め、やや古い世代のレガシィ、アコード、シビックといった辺り。
ミドルセダンというのはどうしても地味、だからライバル車は大型化して存在感を出す。そんな中でプレミオは、日本車らしいボディサイズのままで、小さな高級車として存在価値を示している。

トヨタ

文中に出てきたカローラはこの型のカローラ。写真はワゴンのフィールダー。

視界:フロントの見切りはかなりイイ

見切り1見切り2

このプレミオをいつもの駐車場に停める時、とてもラクに停められた。前から駐車するんだけど、若干登りだったり長さが短くて、いつもだとちょっと停めにくい。
でもそれがプレミオではとてもラクに。何回やっても同じようにうまくいく。同様に左前の感覚も取りやすい。

フロントの見切りはかなりイイ。Bセグ・コンパクトカーより全長が長いプレミオだけど、より小回りが効くような印象を受ける。小さなクルマは感覚が取れなくても小さいから当たりにくい。一方でプレミオは位置を把握できて当てにくい。どっちが不安感が無いかといえば、やっぱりねw

テールランプ

夜間、狭い住宅街での曲がり角、内輪差が気になることない??
塀があったり側溝があったり。

暗くて狭い曲がり角では、内側リアタイヤ〜リアフェンダー周辺が確認したい!実はいつもそう思っていた。

そこでプレミオ、コーナー内側のドアミラーでその辺りが見える

どうやらテールランプが若干回り込んで照らしてくれている様子。暗くて狭い曲がり角では非常に心強い。クルマによってはブレーキランプでわずかに照らされる場合もあります。

試乗時の燃費は良好

試乗したプレミオを2週間ドライブしての燃費は、筆者が運転して16km/L。夜間限定での走行時には17km/L台が表示されていた時間も長かった

条件は平均時速25kmという道がメインで、流れよく、必要な時は積極的にアクセルを踏み込んで運転。
条件は全てドライ路面、外気温は30度以上の時間も多かった。また半分は1人乗車。残りは2名または3名乗車。

燃費数値は車載メーター内の燃費計。燃費を考えて走行すれば、17km/L台はキープされるというだろうという印象。

また違う日に、別のスタッフが運転したところ、燃費計は終始14km/L台中盤が表示。走行した道はほとんど同じながら、1割強ほど燃費に差が出ている様子。このスタッフも、例えば赤信号が見えてるのにアクセル踏んでいくドライバーではない。寧ろ筆者の方が、コーナーを見ると全開&ブレーキという運転をしたくなる方。

結論、満タン法での実燃費はもう少し低そうだけど、申し分ない燃費かと。エコランすればハイブリッド車のSAIに近づくと思います。

プレミオ内装(メーター)1プレミオ内装(メーター)2

灰皿を標準装備

灰皿

国産ミドルクラスでは珍しく、プレミオには灰皿が付いている。
使わない人も多いだろうけど、使わない装備なんて他にもいっぱいあるはず。灰皿に限ったことじゃない。

アンケート結果を見ると日本人の喫煙者は40%台。しかしこれ、都合の良いデータとして集計されているとウワサされる。
それはさておき、半分近くの人がタバコを吸うとしても多いわけで、無視できないポイントのはず。”吸う人少ないから灰皿イラナイ”は、完全にメーカーの都合だよね。

実際に高級車とか輸入車では灰皿が付いていること多いです。高級=灰皿という図w

筆者は灰皿いらない人。吸うなら右手側のカップホルダーに灰皿を置くのが安全だと思います。

トヨタ プレミオ

トヨタ

premio (プレミオ)

  • 試乗グレード:1.5F EXパッケージ
  • 年式:2014年
  • 新車時価格:203万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします。
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


冬は静電気が心配なメッキ装飾のドアハンドル。


滑りにくいコンビステアリング。


軟質パネルとハードパネル。左上が軟質パネル。


灰皿が標準装備。


優雅な形状のインナードアハンドル。

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。