自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
HPヘッダー画像

2019年記事 日産キューブ
著:ヒラリー男爵&桃花

キューブ(2017年式)試乗「4」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。日産キューブ・Z12型。2017年式の試乗レポート。

当ページは4ページ目です。

「内装(インパネやフロントシート)」

日産
  • グレード:“1,5X Vセレクション”
  • 年式:2017年式
  • 型式:Z12 2017年式
  • 車両価格:178万円
  • デビュー年:2008年11月〜
キューブのインパネ1キューブのインパネ2・乗車時

デビューから10年超、未だ美しいボディデザインに惹かれます。


  1. 分割 - キューブ試乗「1」エンジン・ミッション
  2. 分割 - キューブ試乗「2」乗り心地など快適性
  3. 分割 - キューブ試乗「3」走行感覚
  4. ここ - キューブ試乗「4」内装(フロントシート)
  5. 分割 - キューブ試乗「5」内装(リアシート)
  6. 分割 - キューブ試乗「6」細かな長所短所
  7. 分割 - キューブ試乗「7」燃費と評価総合

比較まとめ:2019コンパクトワゴン&ミニバン比較

比較まとめ:2019コンパクトカー比較

内装:フロントシート周辺

キューブ・フロントシート・インパネ

キューブの内装はシートが立派!見た目も肌触りも座り心地も良好で、大きさも大型サイズ。

インパネ造形が立派!

キューブの内装1内装(内張り)を見ると、インパネ形状のデザインは優雅多くの部分でパネル材質は貧弱。そして全体的に部品点数が少なく大味

曲面が多様されたインパネは、造形的には立派に見える。なので内装にこだわりがないユーザーなら不満はなさそに思える。

素材感・質感は安っぽい

キューブの内装2内装が気にならければ買わない位のユーザーだとプラスティッキーな材質が気になると思う。

パネル表面のシボ(模様)が安っぽく、質感が低い。どのくらいといえば軽自動車、それもミライースやアルトといったベーシックグレードと同じレベルに思えるほど。

良いんだけどクエスチョンの質感

キューブの内装3

インパネからドアトリムへはラウンドして繋がる。とても魅力的な部分だけど、なぜか段差が。

精度の問題かと思えば、段差はあまりにも大きく、しかも左右均等。敢えてデザインしたの?って感じですが、どんな理由があるのか気になります。

また一つ一つのパネル面積が大きく、加飾される上級グレードを選んでも、残念ながら立派には見えず。

しかし一点だけ見れば、コンパクトクラスとは思えぬほど立派な箇所がある。それはシート。


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

シートが立派!

シートが大きい・フロントシートシート表面の素材感も、内部的な座りやすさも立派で、そしてサイズも立派。見るからに上質かつ、機能性も高い。

フロントシートだけでなくリアシートも、クルマのサイズを考えれば規格外?というレベル。

走行性能だけ考えれば、柔らかくてクルマの動きを感じにくい面はある。それでもこのキューブのシートなら、そうした欠点を補って余りある快適な座り心地を得られる。 車内での仮眠時だって、良さを存分に味わえます。

大きすぎくらいのフロントシート

シートが大きいのは体型の大きなドライバーでも快適なわけだけど、キューブのそれはちょっと大きすぎるかもしれない。

この写真では、ドライバーの膝の位置と、シート先端に注目して下さい。

シートが大きいシートが大きい・背が高いドライバー

左が身長172cm、座面が長過ぎる。
右が身長182cm。座面の長さは丁度良いくらい。このシートはまるで輸入車のようなサイズ。

輸入車と比較すれば、座面が柔らかいから違和感は弱いけど、身長160cmほどのドライバーだと浅く腰掛けたくなる場合も。

膝裏まで圧迫感が強いと足がダルくなったり、ペダル操作がしにくかったり。ディーラーでの試乗は短時間なので気づきにくい部分だけど、よければ気にしてみて下さい。

個性的なドリンクホルダー

ドリンクホルダー1ドリンクホルダー2

ドリンクホルダーは運転席側のみ、エアコン吹出口の場所にデザインされている。助手席側は見た目優先、運転席側は機能性優先という感じかな。

このドリンクホルダーが個性的で、大小2連の形状をしている。太めのドリンク2本は難しいけど、サイズに合わせてどちらかを利用できる。また灰皿を使うユーザーなら、灰皿とドリンクと両方置けるだろうと予想。

なお助手席側はドアポケットとアームレストにドリンクホルダーが用意されている。

使いやすいエアコン操作部

エアコン操作部

円形にデザインされたエアコン操作部だけど、スイッチが機能によりサイズや段差で差別されていて使いやすい

レイアウトは好ましいんだけど、惜しいのは精度。試乗したキューブではいくつかのスイッチで引っかかりが感じられた。

最近では全体的な精度が上がり、精度が気になることが減ってきたからちょっと気になる(個体差の可能性もあります)。

キューブの特等席は助手席

助手席足元キューブのどこに座りたいか選択権があるのなら、筆者は助手席と即答。運転席より助手席を選びます。

丁度よいシート高に、座りやすく立派なシート形状や材質、着座姿勢もきちんと座れるから足元だって狭さを感じない。快適です。

前後方向への揺れが大きいキューブだけど、アクセルワークが丁寧なドライバーならそれも無問題。この場合は長距離ドライブだってゆったり。

リアシートは?と考えると、シートはフロント同様立派ながら、着座姿勢が悪いため座りにくく、また静粛性が低いためフロントシートとの会話に神経を使う場合も。

この場合は乗り心地どうこうより、ドライバーの声が聞こえやすいかどうかが最重要。声が小さい、聞き取りにくい、そんなドライバーだったらかなり神経を使います。聞き直すのも申し訳ないし、疲れちゃう。

キューブのメーター(昼)キューブのメーター(夜間)

コラムシフトの操作感

コラムシフト連日100km前後の走行をし、あちこち慣れて違和感がなくなったキューブだけど、最後まで思い通りに操作できなかったのが、コラムシフトでのシフトセレクト

正確にいえば「P」から「D」への操作は無意識に滑らかに操作できるようになった。
それでも、「D」から「R」、「R」から「D」への操作で神経を使い、時間もかかる。

困るのは駐車時とか素早い切り返しが必要な時。すばやく操作しようとすれば、雑な操作にならざるをえない。操作自体はそのうち慣れちゃうだろうけど、時間がかかるという部分はどうしようもないかもしれない。

日産 キューブ

ニッサン

CUBE (キューブ)

  • 試乗グレード:“15X Vセレクション”
  • 型式:Z12
  • 年式:2017y
  • ミッション:CVT
  • 車両価格:178万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc
  • エンジン型式:HR15DE

その他概要

  • ボディサイズ:3890×1695×1650mm
  • 車重:1200kg
  • 発売時期:2008年11月〜
  • 新車時価格帯:145万円〜

車両型式

  • Z12 ・・・ 前輪駆動
  • NZ12 ・・・ 4WD
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」と「桃花」がお届けします
ヒラリー男爵桃花

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です