プリウス・比較と評論P1-2/始動中のエンジン音や総評

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
HPヘッダー画像

(2009年記事 トヨタ プリウス
著:元自動車整備士)

プリウス(3代目前期)試乗「1-2」

試乗車は未来的感覚溢れるハイブリッド車、トヨタ・プリウス(3代目)。エンジン+モーター+バッテリー。ハイブリッドパワーで高燃費が魅力!

当ページは2ページ目です。「始動中のエンジン音や評価総合」など掲載。

トヨタ
  • グレード:“L”
  • 型式:ZVW30
  • 車両価格:205万円
  • デビュー年:2009年5月〜
プリウス内装1プリウス内装2

内容は辛口評価です。試乗で確認したいポイントを重視!

  1. ここ - プリウス・”前期”モデル「1-1」コストと自動車的質感
  2. 分割 - プリウス・”前期”モデル「1-2」始動中のエンジン音や総評

※別ページにて後期モデルの試乗レポートを掲載中。後期の方が文面まとまってます。
関連: プリウス・”後期”モデル 「2-1」時代が進めば評価も変わる
関連: プリウス・”後期”モデル 「2-2」走行感覚

関連: プリウス・”後期”モデル 「2-3」燃費、ライバル車について

始動中のエンジンノイズとか

プリウスの長所に、「低速時はエンジン始動してもノイズが気になりにくい」というのがあります。低速走行中なら、周囲の状況次第ではエンジン状態もわかりにくいです。
始動中か、停止中か、こうした走行状態での静粛性は、ライバル車より安心できる部分です。

普通のガソリン車の場合だと...

アイドリングストップが付いた車種では、ストップしない車種よりノイズを感じてしまう。静かなのを味わった直後に騒音を感じれば、うるさく感じるわけです。

人間の耳は自然にイコライザーを掛けるというから、自動で音質調整をしたり、感度を調整しているわけで、こんなことが起こる。うるさいなら安定してうるさい方が良いのも納得。

同じトヨタ式ハイブリッドのSAIでは、こうした低速時、注意してもエンジンが掛かっているかわからない事が多いです。

プリウスもSAIも、それからアクアやカムリもどちらも強い加速時にはノイズレベルが高まり気になります。特にカムリは、豹変したようにワイルドに変わります。

アイドリング中は?

クルマが停止していて人間も敏感なアイドリング中は?手元の騒音メーターで計測してみました。

車外、周囲の環境騒音は「59.7dB」。普通に昼間の屋外という数値。車内での計測はリアシート。

  • エンジン停止中・・・58.4dB
  • エンジン稼働中・・・61.2dB

エンジン停止中と稼働中、数値で見れば約3dBの差。音圧でいうところの3dBは音量では倍というが、簡単に言えば人間がボソボソ声で話しているのと同じくらいの差に。

また、周囲が静かだとこの差は広がり、夜間ではおよそ10dBくらいの差になる想像ができる。周りがうるさければエンジン音も気になりにくい。

ディーラー試乗時は気にならなかったのに...。なんてこともよくありますよね。

セルの音がしないのはイイ!

ノイズの音質的には、単純にガラガラという低質感な4気筒エンジンの音。でもね、セルモーターのキュルキュル音が無いのは非常に快適です。

逆にいえば、他のアイドリングストップ付きの車種には閉口です。

メンテナンスデータ

写真はプリウスのサービスデータ。アイドリング回転速度が1000rpmなんて記載されてる。一般的な車種より高い回転数です。

充電のため?どんな理由があるのか気になって仕方ありません。そういやSAIのハイブリッドも900rpmと高め。

それから点火プラグ、イリジウムプラグで20万kmごととなっているけど、エンジン稼働時間が少ないからこそなのかな。

インサイトはライバル?

グレード「L」が一緒!

3代目プリウスは、先に販売されたホンダ2代目インサイトと、主力グレードの価格を揃えてきましたw なんとグレード名も一緒です!「プリウスL」「インサイトL」。ともに205万円。

同価格と言っても、3代目プリウスのハイブリッドシステムは圧倒的に優れ、インサイトがライバルと呼べるかはわかりません
回生ブレーキだって、通常の減速中に充電できるハイブリッドブレーキはトヨタだけ。ホンダや日産では、ほぼエンジンブレーキ状態でのみ充電といわれます。

それでもホンダをつぶす勢いのこの姿勢、王様になっても攻め続ける姿勢は見習うべき点ですね。安心しちゃったら潰される。歴史が物語っています。

グレード「G」も一緒!

最廉価グレードも価格一緒です!w インサイト「G」の価格は189万円。トヨタは、併売している2代目プリウスをEXと言うグレード名にして、インサイトと同じ189万円でラインナップしています。

モデル初期のこんなハナシも

今回の3代目プリウスは、2代目プリウスと併売とされ、トヨタの大人げない態度などと噂されましたが、工場の関連や開発費ペイのための併売であり、189万円という価格でも利益はあるといわれています。真相がきになります。

2011年12月 価格アップのマイチェン

3代目プリウス後期2011年12月のマイナーチェンジ(小変更)では、主要グレードで価格がアップしました。

「L」グレードが12万円アップで217万円からスタート。グレード別に見ればバンパーの意匠変更やディスチャージランプの設定など変更点もありますが、実際には単純な価格アップ

雑誌ではアクア登場による価格調整といわれました。そういえば同時期に、トヨタのハイブリッド自動車SAIも価格がアップしています。

経済性が重要なプリウスなだけに、12万円の車両価格アップは痛いですね。

良い点はオプションでディスチャージが選べるようになったこと。従来はLEDヘッドライトが高価でしかも見にくくて走りにくいものでした。ユーザーによっては朗報です。

クルマ好きにプリウスはどう?

プリウスは確かに、チープな足回りにパカパカなドアなど、クルマの基本性能は低いと言わざるを得ません。コンパクトカーレベルかそれ以下かと思える部分もあります。

しかし、エンジンが始動したり停止したり、燃費の変化をみたり、今までの自動車とは違った楽しみがあると思います。

ダウンサイジングという部分でも、質感低下が気になりにくいと思います。高級車といわれるセルシオやマジェスタなどと比較しても、3代目プリウスの液晶表示部は見応えあり、視線が液晶部に向かうために、内装の質感が気になりにくいです。

なんだかんだいっても2009年のエコカー減税の中、このプリウスが一番人気で、すでに8万台の予約で半年以上しないと手元に車が来ない状態です。

ソーラーパネル、どうかな?

ソーラーベンチレーションシステムとは、ルーフに設置されたソーラーパネルによって発電された電力で、クルマが駐停車中でも車内換気ができるシステム。

加えて、リモートエアコンシステムによってエアコンの動作条件が変わります。エアコンが効きにくいプリウスでも、駐停車中からエアコン動作させて快適というわけですね。

リモートエアコンコントロールとは、リモコンで車外からでもエアコンを作動させることができるシステムです。

実際は、割高な装備ですので、知的好奇心を満たす為の装備と感じます。

評価総合

3代目プリウス後期試乗記なんて必要ないくらい人気のプリウス。魅力的という部分もあるでしょうし、流行という部分もあるでしょう。
試乗レポートも、ここまで人気車だと書きにくい部分もw ドライバーが気になる運転感覚や印象は控えめでした。

プリウスの長所はご存じの通り。熟成のトヨタ式ハイブリッド。軽自動車のようにガマンすることなく、それ以上の燃費性能が手に入ります。

他車の燃費が良くなったといっても、がんばって運転してこその良い燃費です。それならプリウスの方が楽しいんじゃない?
好き勝手に運転しても高燃費で、気を付けて運転すれば脅威の燃費。やっぱりね、ハイブリッドだねって。家電だったらヘルシオ買いますか?普通の電子レンジ買いますか?って感じ

それだけスペシャルな自動車が普通の価格で販売されている。それはもう、買うしかないわけです。”あえて”、乗り心地や静粛性など快適性には目をつぶってね。

トヨタ プリウス (30系前期)

トヨタ

prius (プリウス)

  • 試乗グレード:“L”
  • 年式:2009年
  • 新車時価格:205万円

動力システム概要

  • 排気量:1800cc+モーター
  • エンジン型式:2ZR-FXE
    (アトキンソンサイクル)

その他概要

  • 型式:ZVW30
  • ボディサイズ:4480/1745/1490mm
  • 車重:1310kg
  • 発売時期:2009年5月〜
  • 新車時価格帯:205-334万円(EX省)

プリウスのモデル別の違いや比較
その他の概要はリンク先で掲載中。

試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」がお届けします
元自動車整備士

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


シフトノブ。ここを見ると最先端レベルのハイブリッド車ということを実感できる。このスペシャルな操作感覚はプリウスを始めとするトヨタの長所。


カップホルダー1。蓋付き。


カップホルダー2。


リアセンターアームレスト。CT200にはこれがないがプリウスならある!


スポーツコンバージョンモデル「G's」


プラグインハイブリッドのプリウスPHV。エクステリアの差は最小限で一部メッキパーツ等が増える。サイドとリアには専用エンブレム。


2011年12月のマイナーチェンジ後のフロントマスク。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です