ヴィッツ試乗P3/トヨタらしい魅力と別グレード

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
HPヘッダー画像

(2013年記事 トヨタ ヴィッツ
著:ヒラリー男爵)

ヴィッツ(1.3F)試乗「3」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗レポートは3代目ヴィッツ(130系)グレード「1.3F」。ボディサイズが拡大し、リアシートとラゲッジスペースが実用的に。平成24年式ヴィッツです。

当ページは3ページ目です。 「トヨタらしい魅力と別グレード」など掲載。

トヨタ
  • グレード:“1.3F”
  • 型式:NSP130
  • 車両価格:130万円
  • デビュー年:2010年12月〜
ヴィッツ内装1ヴィッツ内装2

内容は辛口評価です。試乗時のチェックポイントを重視!

女性的で優雅なボディデザインが特徴だったヴィッツ、今度はプレーンな方向に大変身。


  1. 分割 - ヴィッツ試乗「1-1」概要とエンジン、ミッション
  2. 分割 - ヴィッツ試乗「1-2」乗り心地やリアシート実用性
  3. ここ - ヴィッツ試乗「1-3」トヨタらしい魅力と別グレード
  4. 分割 - ヴィッツ試乗「1-4」総合評価と比較

関連ページ!

  1. 2014年ビッグマイナー後!ヴィッツ(ビッグマイナー後)1.3U試乗レポ
  2. 2017年マイナー後!ヴィッツ1.0F・セーフティED試乗レポ
  3. G'sモデルも試乗!ヴィッツRS-G's(5MT)試乗レポ
  4. 単純明快な比較!2016〜17コンパクトカー比較(ベーシックグレード編)

トヨタのコンパクトだからこその美点

ナビゲーションエアコン操作部

写真は純正ナビゲーションとエアコン操作部。チープ!だけどここは美点!と考えます。

まずナビゲーション、トヨタのコンパクトカーでお馴染みのタイプ。価格安いのがメリット。CD聞けないタイプもあるけどそれでいい!価格が魅力のコンパクトカーですから。CDよりバックカメラ、ヴィッツのユーザーに合っていると思う。

次にエアコン操作部。液晶部分もない昔ながらの機械式ダイヤルスイッチ。単純明快。だれでもわかる。コンパクトカーの購買層や使用状況を考えると、彼女に貸し出すかもしれないし、お母さんに貸し出すかもしれない。さらにMTだからおじいちゃんだって運転したがるかも。

だからダイヤルスイッチが生きてくる!運転中だって素早く直感で操作しやすい。質感で評価すれば、触り心地、回し心地は最悪です。質感は諦めましょう。

エアコン操作部1.3U

こちらは「ヴィッツ1.3U」のオートエアコン。オートタイプだけど、ダイヤル式と比較すれば操作はわかりにくい。

レイアウト的にもちと厳しい配置と言わざるをえない。AUTOとOFFのボタンしか使わないユーザーが多いという中で、ACのスイッチが最も大きく陣取っていたり。見た目の質感なければ使い勝手も今ひとつ。

ライバル車と見比べてみる

高価だけど立派な3代目フィットのナビ

フィットのナビゲーション

写真はフィットの純正ナビゲーション。ディスプレイが7インチ8インチのタイプが選べ、これは8インチタイプ

使用感はいい。昼間でもコントラスト強く文字も見やすい。機能や検索だって合格レベル。でもお値段21万円とかコンパクトカーには高すぎません??

ホンダは他車種でもインターナビとか、ナビゲーション商法を継続中。トヨタは上級車だけナビゲーション商法。流石トヨタ様。クルマの魅力以外の商品力は相変わらず最高。

ナビ画面下のブラックアウトされた部分はエアコン操作部。流行のタッチ式パネル。操作感には賛否両論。ここはヴィッツのほうが使いやすい。

スイフトはスズキの上級車種だからこその装備

スイフトのエアコン

写真はスイフトのエアコン操作部。ベースグレードからこれ。スイフトはさすがスズキの上級車種。ケチらない差別しない単純に立派だよね。

システムとしてはダイヤル式とプッシュスイッチの組み合わせ。どこにどのスイッチがあるか覚えれば、使い勝手はこれだってOK。覚えちゃえばね。それか1年中エアコン付けっぱなし。

ヴィッツのような昔ながらのスイッチはわかりやすい。でも自分で買うとなると...スイフトかな。単純に立派なのには惹かれちゃう。スイフトの内装はどこをとってもヴィッツより立派です。

追記:1000ccと1300ccモデル

ヴィッツはエンジンバリーションが豊富。3気筒1000ccから始まり、4気筒の1300ccと1500ccが用意されている。

筆者の周りではヴィッツが人気でのべ5台を購入していて、一部を当HP試乗レポートに掲載しています。ヴィッツ1.3Uヴィッツ1.0F

画像左:2015年式・ヴィッツ1.3U(1300cc)
画像右:2017年式・ヴィッツ1.0Fセーフティエディション(1000cc)

このページの試乗車はデビュー初期モデル。それと比較すると内外装の質感が非常に上がっています。ただしお値段も相当に根上がりました。

走行感覚やキャラクターも、年式やグレードにより大きく異なります。だんだんとエンジンは高質に、サスペンションは固めに変化しています。詳しくは個別の試乗記でご確認下さい。

追記:RSは積極的に選ぶ魅力なし!G'sがオススメ!

ヴィッツのスポーティグレードとしてラインナップされるのが「RS」。ヴィッツだけでなくフィットやスイフトにもある、ちょっとサスを固めて大幅に価格アップ系。メーカーウハウハが予想できるグレードだ。

トヨタじゃないけどメーカー本社の方に聞いた事がある。「エアロ系カスタム系スポーティ系グレードを選んでくれるお客様はありがたい」という。ユーザーからしてみれば割高に価格設定に納得できなくても、欲しければ買ってしまうわけで。

ヴィッツRSの価格はMTで173万円、CVTで180万円。エンジンは1500cc。エントリークラスのクルマで180万円なんていうと、他に選択肢はないのかって思っちゃいます。

これでも内容が良ければ納得します。でもこれ、サスペンションは「ただの棒」という表現がピッタリ。荒れた路面でアクセルを入れていけばアンダーステアならぬ4輪が外に膨らむ感覚。日常的な走行でスポーツを楽しむとすれば、あまりにも低レベル。固きゃスポーティ?じゃないですよね。

RS買うならG'sをオススメ。価格差は約10万円。こちらは乗り心地さえ上々です。

ヴィッツメーター1ヴィッツ内装3

追記:G'sがラインナップ

ヴィッツG's

インターネットで自動車の試乗記をチェックされる方なら、こっちの方が試乗したくなっちゃうんじゃない?「G's」という特別仕様車。

G'sはグレード「RS」の特別仕様車でサスペンションが変更になりエクステリアが個性的に変身。サスペンションが変わるだけで割高なRSを、またサスを交換して価格を上げるという複雑怪奇な仕様。
しかしこのG's、試乗するととっても良いんです。ヴィッツらしい弱点はしっかり残っているけれど、トヨタ車としては群を抜く足回りの質感。だまされちゃってもいい!なんて人がいても不思議じゃありません。

トヨタ ヴィッツ (3代目)

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • 試乗グレード:“1.3F”
  • ミッション:CVT
  • 年式:平成24年式
  • 型式:NSP130
  • 新車時価格:130万円
試乗レポ・ライター

当レポは「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ナビゲーション
ホワイトパネルのナビゲーション。低価格だがリアモニター取付できワンセグも写る。1000ccモデルなら上記にスマートキー付けて130万円程度で購入可能。

エアコン操作部

エアコン操作部1.3U


給油中。フューエルキャップは写真のように引っかければいいのかな?ちょっと手間取ってしまいました。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です