ヴィッツ辛口評価P3/グレード比較と購入、総合評価

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2013年記事 トヨタ ヴィッツ
著:ヒラリー男爵)

ヴィッツ(1.3F)試乗「3」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗レポートは3代目ヴィッツ(130系)グレード「1.3F」

当ページは4ページ目です。 「グレード考察、総合評価と比較」などを掲載中。

  1. ヴィッツ最新記事!2017年マイナー後・ヴィッツ1.0F試乗レポ
ヴィッツ内装1ヴィッツ内装2
トヨタ
  • グレード:“1.3F”
  • 型式:NSP130
  • 車両価格:130万円
  • デビュー年:2010年12月〜
  1. 分割page - ヴィッツ試乗「1-1」・概要とエンジン、ミッション
  2. 分割page - ヴィッツ試乗「1-2」・乗り心地やリアシート実用性
  3. 分割page - ヴィッツ試乗「1-3」・トヨタらしい魅力と別グレード
  4. このpage - ヴィッツ試乗「1-4」・総合評価と比較

ビッグマイナー後のヴィッツ1.3Uに試乗しました!ヴィッツ(マイナー後1300cc)試乗レポート
ヴィッツG'sの試乗記もご用意できました!ヴィッツRS-G's試乗レポート
単純明快な比較!2016〜17コンパクトカー比較(ベーシックグレード編) /  2015コンパクトカー比較

アクアと簡単比較

アクアヴィッツと近い関係になるアクア、爆発的に大人気みたい。個性的ながら美しいエクステリアデザインだったり、動力がエンジンとモーターのハイブリッドだったり魅力充分。
アクアは電池容量少なく、プリウスほど良くできたハイブリッドじゃないけれど、2代目フィットなどのなんちゃってハイブリッドとは全然違う。

そんなアクア、車両価格はヴィッツより50〜60万円高い。だから、燃料代が高いかローン支払い額が高いかが違うだけで月々の支払い額に決定的な差はなし。
ユーザーごとの実用燃費がわかれば、どれだけ走行距離が多ければオトクかが計算できます。当ホームページのテストでは混み合う幹線道路で燃費40キロ弱という数値を記録(車載の燃費計)。

ちなみに、もし事故してしまえば単純に高いローンだけが残る。確率は低いけど盗難でもそう。リスクマネージメントの観点で言えばヴィッツの方が優れている。

ということで、結局のところアクアは裕福な方に向けた自動車ということになる。ハイブリッドがいいね!とか、ヴィッツじゃちょっとね...、そんな方向け。車両価格がもう少し下がらないと、ハイブリッド自体が付加価値以外の何ものでもないわけです。

経済性重視なら車両価格も重要

クルマに掛かるコストを下げたければ、ミライースが最高です!

車両価格が安くて税金も安い。アクアやプリウスだと高いイニシャルの元を取らなきゃって感じになるけど、ミライースならそれがありません。

またアクアは快適性にハイブリッド車らしい問題を有しているから、快適性だってミライースがそこまで落ちるわけじゃないです。

トヨタでもミライースが販売されています。名前は「トヨタ・ピクシスエポック」。基本的な販売店はカローラ店とネッツ店。

もっとも魅力的なグレードは?

1000cc、1300cc、1500ccと3種類のエンジンが用意されるヴィッツ。これに装備とキャラクターの違いでグレード体系が構成される。
キャラクターはベーシックなFと装備充実させたUがメイン。そのほかに、内外装に装飾パーツが追加されたジュエラと、サスペンションが固められたRSがある。

この3代目ヴィッツはどのグレードも全体的に割高。コストパフォーマンスで見れば全くダメダメな価格設定だと感じる。
その中に 一つだけ、まあ納得というグレードがある。ヴィッツ買うならコレ一択でしょう。

そのグレードは「1300F・SMART STOPパッケージ付」。これが圧倒的。素の1300Fにプラスすること6万円で、アイドリングストップと横滑り防止装置が付く。
あれ、これってだまされちゃってる??間違いなくどの試乗記を見ても、ベストバイはこのグレードでしょう。

一応の注意点として、お得な価格設定されたパッケージ付きグレードは、値引きが渋い場合もある。時期によっては上位グレードの在庫車を狙った方がお得な場合も。

次点でヴィッツG's。ただしこちら、お値段190万円なり。

ヴィッツ1000ccモデルをスタッフ身内が購入

筆者ヒラリー男爵の身内(叔母)が、コンパクトカー1台チョイスしてよ、ってことで選択肢と長所短所まとめを用意。ノミネートされた車種はこんな感じ。

  • ヴィッツ 1000cc (車両価格安い。税金安い)
  • ノート 1200cc (エマージェンシーブレーキが魅力)
  • デミオ 1300cc (運転しやすい)
  • スイフト 1200cc (乗り心地よし)

不肖ヒラリー、この4台をラインナップさせて頂きました。
この中でスイフトはいきなりパス。どれだけクルマが良くても、スズキのクルマは買いたくないって。

デミオ、装備を考えるとけっこうお高く。それならアクセラで自動ブレーキ付けてと思ったら、たまたま融通の利かないディーラーでパスということに。

ノート、さすが日産。ハナシが早い。代理で交渉&購入という状況もすぐに飲み込んでくれ、パッパッと条件提示。良い営業マンでした。ナビ付けずにバックモニター付けられる点も好印象、好条件。

ヴィッツ、商談は日産なみに融通が利く。総額130万円でナビ&ワンセグ、バックモニター、スマートキー付き。いくら最低レベルの質感といっても、軽自動車より安全性高いのは魅力。窓は遠いし重量あるから飛ばされにくいし。横転だってしにくいはず。


ということで結果、ヴィッツになりました。クルマの魅力は低めでも、ディーラー含めた商品力はものすごい。アクセラやインプレッサのアイサイト付きというご予算あってもヴィッツを選ぶ。購入後、1ヶ月点検や3ヶ月点検では無料で引き取りに来て下さり、筆者もラクちんです。

2014マイナーチェンジで大幅値上げ

2014年4月、ちょうど消費税アップが行われましたが、ヴィッツは同時にマイナーチェンジ。消費税増税で値上げされる以上に値上げされました。こういうのって便乗値上げっていうんじゃ。。。いえいえ中身も進化しています。

とりあえず価格アップはこんな感じ。

  • 1000cc「F」 ・・・ 120万円が129万円に変更
  • 1300cc「F」 ・・・ 130万円が145万円に変更
  • 1500cc「U」 ・・・ 161万円が174万円に変更
  • 1500cc「RS」 ・・・ 180万円が191万円に変更

ご覧下さいこの値上げ幅。書き出せば単純明快。ビックリです。安いから価値があったヴィッツが、もうCセグメント・コンパクトと被る価格に。インプレッサの1600cc、いくらだったっけ?

売れなければ次は値下げする??車両価格が上がった分、内容も強化されています。

大きな所では主力の1300ccモデルがエンジン変更。エンジンがアトキンソンサイクルの燃費重視エンジンになりました。しかも圧縮比も大幅に上げられ、基本性能も向上されているとのこと。カタログスペックが99psと驚異的な数値になっています。アトキンソンサイクルだと実質的な出力は排気量相当分から2割ほど落ちるのが一般的です。マイナーチェンジ後ヴィッツのエンジンは特別な仕掛けを持っているかもしれません。例えば、オットーサイクルとアトキンソンサイクルの切り替えシステムとか?

2015年式1300cc&2017年式1000ccのヴィッツを購入!

いろいろなご縁があって、ビッグマイナーチェンジ後のヴィッツも購入しました。

エコカー減税は重量税・取得税が免税となるレベル
また一部グレードでは目立つ部分の内装パネルが立派に見えるタイプに変更。

そして乗り心地に関する部分にも手が入ったたとのこと。走行感覚ばかりは能書きを気にしても意味ありませんので、マイナーチェンジ後モデルに試乗できたらお伝えします。

ライバル比較

下記ページにてコンパクトカー比較をまとめています。内容薄めながらその分、簡潔で明確を心がけました。

ヴィッツメーター1ヴィッツ内装3

総合評価

コンパクトカーの需要というのが最近変化しているらしい。以前は若い女性の方や免許取り立ての男性向けだったコンパクトカー、現在は定年後のご夫婦やご家庭のセカンドカー需要として若奥様御用達となっているという。
そこから想像出来るのはそれなりのクルマに乗っていた定年後の男性や、クルマといえばなにより安全性を重視するママさん、小排気量を生かした燃費の良さで通勤用なんてユーザーが想像出来る。

ということは、軽量でコンパクトでありつつ安全性が高く、最低限以上の質感を備え、お子様を乗せられるだけのリアシートスペースを確保し、ハンドルやブレーキは出来る限り軽くetc...。まあなんだか様々な要望に応えなくてはならなくなったと思う。
そうでないと、維持費の安い軽自動車に食われてしまうわけだ。飛躍的に実用性能の上がった軽自動車と比較し、維持費が高いことに見合った魅力を提供し、納得させる必要がある。

つまり、現代のコンパクトカーは走行安定性は2の次、わくわく感なんてのは3の次となって当然。限られたコストの中でやりくりしているでしょうから。そう考えれば、中身どうこうより安心のトヨタブランドという点が大きな魅力。ファーストカーと同じディーラーで購入できたりもね。
この3代目ヴィッツ、内容的には見るべき部分が見当たらない。モデルチェンジに期待します。

※ビッグマイナーチェンジを経て、エンジン大幅進化。魅力上がっています。

トヨタ ヴィッツ (3代目)

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • 試乗グレード:“1.3F”
  • ミッション:CVT
  • 年式:平成24年式
  • 型式:NSP130
  • 新車時価格:130万円

試乗レポ・ライター

当レポは「ヒラリー男爵」がお届けします。
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



エンジンルーム。Aピラーの付け根はかなり前方に。カウルトップがストラットタワーを覆っている。


フロア下は(も?)最新の雰囲気じゃない。もっとフラットにもっとツヤっぽく。フィットなどと比較してみて下さいね。


ボディとリアウインドウの境目。わざとだろうけど、ボディ全体で隙間の広さが目立つ。

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。