自動車の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」

2021年記事 トヨタ・ハリアー
著:ヒラリー男爵

ハリアー試乗レポート「3」
乗り心地と静粛性

「間違いいっぱいの自動車選び」。ハリアー(2021年式)ガソリンの試乗レポート。

当ページは3ページ目です。

「快適性(乗り心地と静粛性)」等

トヨタ
  • グレード:“S・ガソリン”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:299万円
  • デビュー年:2020年6月
ハリアーの内装・インパネ1ハリアーの内装・インパネ2

試乗:乗り心地

走行中2

17inchタイヤを装着したグレード「S」の乗り心地です。ハイブリッドにはモーターによるベクタリングコントロールが備わるそうなので、印象は変わってくると思われます。

揺れとフラット感のバランスが好印象

極低速ではゴツゴツを感じる事もありましたが、普通に走行する以上の速度ではストローク感のある乗り心地です。

フロントタイヤ乗り心地の印象は、上下のストローク感とフラット感が適度

筆者たちの好みとは少し異なりますが、それでも良いね!と感じるバランスでした(フロントシート)。

上下左右の挙動、ここでは揺れに関してですが、少しは揺れてくれた方がクルマを運転している感が強いです。ほぼイコールで運転しやすい。

ハリアーは適度に揺れてくれるのが良いです。
これ以上揺れを感じると安っぽい印象になりそう。逆にフラット感が強いと最近の高級路線ですが、乗せられている感が強くなると思います。

50km/h前後が得意な乗り心地

硬さを感じる速度

時速にするとだいたい30km以下、サスペンションが硬いクルマに乗っているようなゴツゴツを感じました。

乗り心地の良い速度

時速にすると50km前後。路面がかなり荒れた場所を走ってみたら、サスペンションが衝撃を吸収し、上下動も少ない感じでした。

一言で表せば、高級車みたいな印象です。

ストローク感ある速度

時速60kmを超え、高速道路の速度。この速度では前述した乗り心地に感じました。適度に揺れ、フワつきは感じにくく、ブルブルした感触も少ないです。

 


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

試乗:静粛性

走行中3

静粛性に神経を使って開発されたというハリアー。乗った感じでいうと、びっくりするほどじゃないけどやっぱり静か

車外からの静粛性

助手席窓ガラス上で述べた感じです。ゴーゴーとした低域が目立たず、疲れにくい音質で静粛性は高いと感じました。

その分、車内のビビリ音とかタイヤのパカンパカンとした音が目立つ時もありましたが、これは車体差によるものでしょう。

静かと感じにくい帯域も

中域にピークがあるような静粛性で、そこがちょっと、筆者の声と被っている感覚。

渋滞中を除いて、前後席での会話で気になりました。
動画撮影中も声が埋もれてないか気にしながら話していました。

エンジンからのノイズ

エンジンノイズは回転数の上昇に合わせて、キレイに盛り上がります。
目をつぶっても回転数がわかるほどハッキリした盛り上がりで、最後は迫力ある音を出します。

低回転では静か、中回転以上で個性を出していますが、静粛性について述べるなら「うるさい」と言わざるをえません。

音質も上品な感じではなく、荒さをウリにしているような方向性。静かな加速が最優先なら、2000ccのガソリンモデルは不向きかもしれませんね。

リアシートの乗り心地・静粛性

リアシート着座姿勢が良くてゆったり座れます。

窓ガラスが小さいので圧迫感が強いといわれますが、リラックスして座れるから気になりにくいと思いました。
これで体育座りだったら...それは嫌ですよねw

乗り心地はシート座面が柔らかく、大きな衝撃は感じにくいです。
リアサスペンションはちょっと硬いのですが、それをシートで、フワッとした乗り心地に変えていると思います。

その他、リアシートのページに記載しています。

抵抗で減衰するダンパー?

サスペンションダンパー(ショックアブソーバー)の説明がされていました。

リアタイヤそれによると、通常の油圧による減衰力に加えて、フリクション(抵抗)も減衰力として利用するタイプとのこと。

フリクションダンパーなんていうのもあるくらいだから、特別な感じは受けません。
でもちょっと、詳しい解説が読んでみたいです。

ハリアーで感じる実際の乗り心地では、状況によって減衰特性が変わるように思いました。それが正しいかどうか答え合わせがしたいです。

ハリアーの内装インパネハリアー運転席(夜間)

興味惹かれるエアインテーク

エアインテーク

エアクリーナーをエンジンへ空気を導く導入口。
消音器とか形状とか、曲げて膨らましてと複雑な構造をしていました。

効率だけいえばストレートが良いんだろうけど、ノイズも低減したり、音質を作り込んだり、こんな部分にも秘密がありそうです。

トヨタ ハリアー

トヨタ

HARRIER (ハリアー)

  • 試乗グレード:“S(ガソリン)”
  • 型式:MXUA80
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:299万円

概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン型式:M20A-FKS
  • 車重:1530kg
  • ボディサイズ:4740×1855×1660mm
  • 発売開始:2020年6月
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」「もと車整備士」がお届けします
ヒラリー男爵元自動車整備士

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設20年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び