自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
HPヘッダー画像

(2009年記事 トヨタ オーパOPA
著:元自動車整備士)

トヨタ・オーパ試乗インプレ

トヨタ・オーパの試乗レポート。2000ccモデルです。「OPA」と書いて「オーパ」と読むミドルクラスハイトワゴン。新しいジャンルを想像させる2列シートのハイトワゴンです。

比較と辛口評価の試乗レポート

「トヨタ・オーパ2000cc(ZCT10)」

トヨタ
  • グレード:“i”
  • 型式:ZCT10
  • 車両価格:214万円
  • デビュー年:2000年5月〜

1999年から2005年という6年間で生産終了というトヨタのオーパ。ポストセダンを模索する実験車だったのかもしれません。

試乗レポートは、中古車を検索すると貴重な2000ccです。ミドルセダンは嫌だけどミニバンはもっと嫌だ!そんな方にピッタリと思える個性的なクルマです。

特徴的なコンセプト

オーパのボディタイプは5人乗りハイトワゴン。サイズは全長4250mmとコンパクトで、ミドルセダンからトランクを取り去ったような形状です。

ミドルクラスを凝縮ボディサイズで

内容もそんな感じで、平たく言えばミドルセダンの派生モデルです。コンパクトカーを大きくというスタンスとは逆の生い立ちで、相応の質感を備えた新世代のミドルハイトワゴンとしてオーパはデビューしました。

プラットフォームはビスタ(アルデオ)といわれます。このビスタをベースに5ドアハッチに仕立てたのがオーパです。

内装を見てもビスタ同様のコラムシフトや足踏み式パーキングブレーキを採用し、室内空間の利便性が重視されています。走行感覚はアップライトな姿勢で運転するセダンといった感じです。

価格は200万円〜スタート

このオーパ、デビューからモデル終了まで200万円〜というお値段。排気量が1800ccと2000cc両方が用意され、ベーシックなグレードでも装備が充実していましたが若干割高な値段設定でした。

1800ccがメイン

オーパは「1ZZ-FE」型エンジンを搭載する、排気量1800ccが先行発売されました。

1ZZ-FEはMR-Sやセリカに搭載されたエンジンと一緒で、パワーを抑え燃費などが重視されたというタイプ。新世代の実用エンジンです。

燃費性能が重視されどれくらいの燃費かというと、2000ccモデルのカタログ数値は16km/L。実際は10km/Lから14km/Lくらいだったのを記憶しています。1800ccモデルを所有する知人に確認しても、2000ccと変わらず。どちらもそれなりに納得の燃費だと思います。

なお、1800ccモデルのカタログ燃費は15km/Lで、2000ccモデルはミッションがCVTになってカタログ燃費は16km/Lです。

セダンのビスタがベース

FF(前輪駆動)のオーパのサスペンション型式は、フロントがストラット、リヤがトレーリングアームという、コンパクトなクルマでよくみられる一般的な形状です。4WD車では、リヤがダブルウィッシュボーン形式になります。

デフのレイアウトの関係からだと思いますが、乗り味でも4WDの方が優れる場面があります。限られたシチュエーションに限りますが、一般的な走行でも違いを体感できる時があります。オーパでは未体験です。

オーパは、当時好評だったビスタのプラットフォームで骨格がしっかり。従来までの同クラスモデルより立派にです。背の高い5ドアハッチとしては乗り味の質感は良好。固めの乗り味が増えてきたミニバンと比較しても、柔らかめのサスペンションが魅力です。

柔らかい足回りだからカヤバ製ショックアブソーバーの気になる点が最小限。アラが目立ちません。

オーパのポイント

このオーパは、思ったよりシート着座位置が低いのがポイントです。着座位置を上げてセダンと差別化を図ろうというする安直なモデルではありません。

フロントガラスの傾き角度も強く、車内の開放感は高いものですが、ドライバーからするとデメリットもあります。

Aピラーが長く面積が広い関係から、向かって右側の視界で邪魔になるという事が多いです。ピラー自体が邪魔になるクルマを上げたらきりがありませんが、このオーパのAピラーについては、特別「死角」が大きく気になります。
右折や、右側カーブの狭い道などはきになると思います。

オーパのライバルは?

ライバル車は、オーパの1年後にデビューしたホンダの初代ストリームといわれます。

ストリームは3列シートと言うこともあり、オーパより全長が300mmも大きいのですが、横幅は5ナンバーサイズ。適度なボディサイズで価格はオーパより安価。人気モデルになりました。

ストリームはミニバンライクなデザインと、乗り味もキビキビとアクティブなユーザーに向けたイメージ。小さなオーパの方がゆったりし、狙うユーザー層が異なっていました。保守的な層に新提案をしてしまったオーパは、存在感も販売台数も微妙であった事はわかりやすい事実です。

そのほかのライバル車は、三菱RVR。SUVライクなイメージから乗用車ハイトワゴンに変身した「N61W」というモデル。

車両価格を比較

オーパと同世代だった初代ストリームは、1700ccエンジンを搭載したモデルがお得な価格設定で販売されました。その価格はなんと、160万円を切る158万円!

上級グレードである2000ccエンジン搭載モデルでも約200万円と、価格でもストリームの方がお買い得。オーパのように小さくて上級というクルマは割高感を感じるものですね。

さすがミニバンブームを巻き起こしたホンダ様。5ナンバーサイズのヒンジドア・ミニバンというタイプも一般的に認識させました。

オーパのかっこいい乗り方

オーパのアルファベット表記はOPA。これに「-I」を付けて走っているクルマを見かけました。

これってつまり・・・「OPA-I」です。

筆者にはなんて読むのかわかりませんが、人気番組トップギアでやってそうなネタでいいですね。
エンブレムに利用するアルファベットは、カー用品店で販売されています。

中古車で探す場合は?

お買い得なクルマとして中古でお探しの場合は、2000ccのCVTがオススメ。グレードが違っても相場に違いはなく、2000ccなら燃費の良いCVTでお得(燃費は1800ccとかわりません)。
CVTならではの違和感(中速時でのもたつきとギクシャク感)はありますが、同じ価格ならこちらを選びたいってものです。

現在(2009年)のクルマでも、CVTは違和感やストレスを感じる場合が多いので、多少のことは耐えられる方限定ではあります。

当時は斬新なエクステリアやインテリア

話をオーパに戻すと、今でも古さを感じさせない独特なエクステリアとヴィッツと同じセンターメーターで上質感のあるインパネまわりのデザインはとてもいいです。

そして、装着するタイヤの種類にもよると思いますがにもよると思いますが、運転中のロードのイズの低さです。

乗り味もミドルセダンに匹敵するほどですが、ロードのイズに対しても快適なドライビングをと言うトヨタの強い思いが感じられます。その他エアコンの風の音・音量も小さく、この乗り心地のバランスという点では、トヨタの右に出る企業はいないでしょう。

トヨタ オーパ

トヨタ

OPA (オーパ)

  • 試乗グレード:“i”
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:214万円

エンジン概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン型式:1AZ-FSE

概要

  • 型式:ZCT10
  • ボディサイズ:4250/1695/1525mm
  • 車重:1270kg
  • 新車時価格帯:159〜246万円
  • 発売時期:2000年5月〜2005年4月
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」がお届けします
元自動車整備士

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

-

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価


センターメーター。液晶部分は大きめ。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です