ヴィッツG's評価P3/歴代モデルやスイスポとの比較、総評

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2013年記事 トヨタ ヴィッツG's
著:元自動車整備士)

ヴィッツRS-G's・試乗「3」

辛口比較・評価評論の試乗レポート、3代目ヴィッツ(130系)グレード「RS・G's」MTモデル

当ページは3ページ目です。「歴代ヴィッツ」を掲載中。

ヴィッツG'sの内装1ヴィッツG'sの内装2
トヨタ
  • グレード:“RS G's”
  • 型式:NCP131
  • 車両価格:190万円
  • デビュー年:2010年12月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - ヴィッツG’s「1-1」・サスペンションと内装質感
  2. 分割page - ヴィッツG’s「1-2」・ミッション質感評価とG's特徴
  3. このpage - ヴィッツG’s「1-3」・歴代ヴィッツ
  4. 分割page - ヴィッツG’s「1-2」・スイフトスポーツとの比較、総評

RSといってもトヨタのコンパクトだからこその美点

ナビゲーションエアコン操作部

写真は純正ナビゲーションとエアコン操作部。チープ!だけどここは美点!と考えます。

ポップで気軽さ満点

まずナビゲーション、トヨタのコンパクトカーでお馴染みのタイプ。安くてポップがメリット。CD聞けないタイプもあるけどそれでいい!価格が魅力のコンパクトカーですから。浮いたお金でバックガイド付けた方がよほどユーザー層にあってる。

次にエアコン操作部。液晶部分もない昔ながらの機械式ダイヤルスイッチ。単純明快。だれでもわかる。コンパクトカーの購買層や使用状況を考えると、彼女に貸し出すかもしれないし、お母さんに貸し出すかもしれない。さらにMTだからおじいちゃんだって運転したがるかも。

だからダイヤルスイッチが生きてくる!運転中だって素早く直感で操作しやすい。質感で評価すれば、触り心地、回し心地は最悪です。質感は諦めましょう

エクステリアは凝った印象に変更

塊感強く弾丸のようにひとかたまり。G’sになって最もわかりやすいのはこのボディデザインの変更でしょう。

バンパーのデザイン細部なんかも凝っています。塗装も立派です。

 

ライバル車は質感やボリューム感が高い

フィットのナビゲーション

写真は3代目フィットの純正ナビゲーション。ディスプレイが7インチのものと8インチのタイプが選べ、これは8インチタイプ。

使用感はいい。昼間でもコントラスト強く文字見やすい。機能や検索だって合格レベル。でもお値段21万円とかコンパクトカーには高すぎません??

ホンダは他車種でもインターナビとか、ナビゲーション商法を継続中。トヨタは上級車だけナビゲーション商法。流石トヨタ様。クルマの魅力以外の商品力は相変わらず最高。

ハナシ戻って画面下のブラックアウトされた部分はエアコン操作部。流行の静電気式パネル。操作感には賛否両論。

スイフトのエアコン

写真はスイフトのエアコン操作部。ベースグレードからこれ。
ダイヤル式とプッシュスイッチの組み合わせ。どこにどのスイッチがあるか覚えれば、使い勝手はこれだってOK。覚えちゃえばね。それか1年中エアコン付けっぱなし。

ヴィッツのような昔ながらのスイッチはいい。でも自分で買うとなると...どっち選ぶかわからないw。

ヴィッツ、初代から2代目、3代目を比較して

初代ヴィッツを振り返る

ヴィッツといえば!最もインパクトがでかかったのは初代。スターレットの後継車として「21世紀マイカーヴィッツ」のキャッチフレーズでデビュー。

コンパクトカーブームの先駆けとなった初代。優雅さを感じさせるエクステリア、インテリアも円形を大々的にフューチャーしたデザイン、引け目を感じさせず好きだから選べる低燃費カーとして大ヒット。

現在はコンパクトのイメージが下落中ですが、イメージを一気に引き上げたご先祖様です。

2代目ヴィッツを振り返る

2代目ヴィッツは、1000tは3気筒エンジンになりました。草刈機のような音はかなり強烈。質感で4気筒、経済性で1000ccと明確に。

インテリアは初代の特徴を残しながらも大幅に質感アップ。使いやすさも兼ね揃えた良質デザイン&質感です。

またこの2代目はパーツ原価率が高く、約40パーセントという原材料費/コンポーネンツ費(週刊誌ネタ)。

2代目のお金をかけすぎが3代目の強烈なコスト削減に繋がったのかもしれません。

モデル途中(2010年ころ)からはハイブリッドカーブームでプリウス、アクアが爆発的大ヒット。さらに軽自動車の台頭でコンパクトカーは軽自動車にとって変わられる予感。厳しい時代に突入します。

そして3代目ヴィッツ

3代目のヴィッツは質実剛健。とりあえず用意された感が強いクルマ。魅力や気合は感じられません。

ライバルはフィットやスイフト、デミオ、ノート。広さや上級感などわかりやすく強力な魅力を持つライバルが多数存在。

比較すればヴィッツはコンセプト不明で旧世代的コンパクト。積極的に選ぶ理由は見つけにくいです。

軽自動車も飛躍的によくなりました。価格は安くありませんが、お得そうなイメージは強いです。実際の損得よりイメージが重要というわけです。

RSグレードは他のコンパクト同様、変化の少ないスポーティーグレード。排気量が1500ccになってちょっとパワーが上がった程度。
ヴィッツはG'sで初めて、スポーティーグレードと呼べるようになったと思います。

3代目ヴィッツ(ビッグマイナー後)

ロングセラーとなり長期間販売される3代目ヴィッツ。途中でエンジンが変わるほどのビッグマイナーチェンジを行い、商品価値がキープされています。

初期モデルと比較すれば、かなり別物のクルマに変身。最近のトヨタ式ビッグマイナーは半端ありません。
内容は大きく立派になり、合わせて価格も大きく値上がっています。

G'sに関しても相当に変わっていると思いまが、未試乗なのでわかりません。

ヴィッツG'sのメーターヴィッツG'sのMT

エクステリアについて思うこと

エクステリア(リヤ)エクステリアについて補足。G'sはディテールが凝っていて、例えばデイライトのようなLEDビームは、ブラックカラード調とカーボン調でLEDビームとフォグランプのまわりを囲んでいます。

細かいところですがよく見るとこだわりが感じられます。

その他でも、トヨタエンブレムの省かれたフロント(エンジンフード)も、プリウスG'sでもお馴染みのコダワリです。

バンパーの給気口としてデザインされている部分、あそこはハニカムメッシュダクトのように見えて実はダミー。自分で穴を開けろということ?フロントグリル下の左右ヘッドライトの間にあるダクト以外はイミテーションです。

ボディリア側は、写真で見るよりかなり良い印象をうけます。ブラックカラードのデフューザーぽいバンパーは、センターにF1カールックなリアフォグランプがついています。合わせて安全対策のリフレクターはテールランプの中にあり一体化。スッキリとデザインされています。

トヨタ ヴィッツG's (3代目)
トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • 試乗グレード:“RS G's”
  • ミッション:5MT
  • 年式:2012y
  • 型式:NCP131
  • 新車時価格:190万円

試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」がお届け致します。
元自動車整備士

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




ヴィッツのラゲッジも広くなりました。トランク下はびっくり吸音材やら制振材やらが”キレイに”くっついてます。
他のコンパクトカーより凄いんです。


ブレーキペダルはもっとみぎぃ、みぎぃ!



お馴染みのナビゲーションとエアコン操作部。ナビゲーションは安い!エアコンは感覚で使える!コンパクトカーの立ち位置をわかってらっしゃるのはトヨタ様だけ。


水平位置からシフトノブを見ると、結構長いのがわかる。これが扱いやすさを生んでいるのだろう。



リアシートからの目線はこんな感じ。



エンジンルームにも意外な場所に遮熱&吸音材が貼られていた。写真の場所はカウルトップの裏側。さすがトヨタ!



1本持ちワイパーは拭き取り面積は充分。ウォッシャー液は広がりにくい。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。