スカイラインクロスオーバーP1・ベースからプレミアムなSUV

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(日産) > スカイラインクロスオーバーP1

(2012年記事 日産
スカイラインクロスオーバー 著:ヒラリー男爵)

スカイラインクロスオーバー簡単試乗「1」

当ページで取り上げているのは、スカイラインクロスオーバー。そのネーミングを除けばとってもラグジュアリーなSUV、スカイラインクロスオーバー(J50)、グレードは370GT。ラグジュアリーとは余裕とか優雅の意。スカイラインという名前だけが汗臭い?

日産
  • グレード:“370GT”
  • 型式:J50
  • 車両価格:420万円
  • デビュー年:2009年7月
  1. このpage - スカイラインクロスオーバー「1-1」・ベースからプレミアムなSUV
  2. 分割page - スカイラインクロスオーバー「1-2」・エンジン印象等
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。
アテンションプリーズ。今回の試乗は最小限だったので、全く見当違いのレポートという可能性があります。申し訳ございません、ご了承くださいませ。

概要:基本的なスペック

日産

スカイラインクロスオーバーは、V36スカイラインをベースとしてプレミアムSUV風に仕立てたクルマ。ただし”セダンがベース”ではなく”クーペがベース”という個性的なクルマです。

クーペライクなSUVとか、クーペとクロカンのコラボ的SUVが流行という時代に合わせ、それなら本物のクーペからSUVを作っちゃえ!って感じですか。これは本格派。この生い立ちを聞いただけで欲しくなります。

なので注目すべき点と期待する点それは、ベースから来る上級感。まるで欧州車のような走行感覚を持つスカイラインがベースのSUV。日産の高級FR用プラットフォームがベースです。

エンジンはVQ37VHRというV型6気筒3700ccの一本勝負。さらに!包まれる運転席=高級感がたまらない魅力となっています。

スカイラインセダンとスカイラインクーペは何が違うか?それはホイールベースが違います。クーペの方が短いです。ドライバーがリアタイヤに近いとハンドル切って受ける印象は軽快。

スカイラインクロスオーバーは生い立ちが高級。トヨタやレクサスのSUVよりプレミアムな内容なわけです。それでいて420万円(ナビ標準)という車両価格が嬉しい。これぞお得かつプレミアムなクルマだぞ、と言わんばかりの価格設定です。

現在スカイラインクーペを所有する筆者も興味津々です。

他のなんちゃってプレミアムとはちょっと違う

例えばトヨタには「ハリアー」や「マークXジオ」というプレミアムをアピールした同じようなクルマがありますし、日産にも「ムラーノ」という上級SUVがあります。マツダだとCX-7とか。

しかしこれらは実用車がベース。場合によってはミドルクラス以下と共有部分を有し、駆動方式はFFがメイン。エンジンも4気筒低排気量が基本。乗ればプレミアムでも何にもありません。
セダンは嫌い、何か面白いクルマが欲しいという人に用意されただけの、軽薄な面を持つなんちゃってプレミアムなどと思っています。

ハリアーだってそりゃ見た目は立派です。かっこいいです。自慢できます。でも4気筒エンジン搭載グレードに試乗すれば、まるでトラックに乗っているようなエンジンが雰囲気を台無し。低価格だけをウリにしているクルマと大きな違いはありません。

その点スカイラインクロスオーバーは、本来の内容がラグジュアリー。余裕あるシャシーに余裕あるエンジン。全く内容が異なります。高級セダンのような内容を持った面白みがあるクルマをお探しの方にピッタリ。

SUVに期待することは何だろう?

日産一般的な実用車より上級で高級な仕立て。洗練された内外装とそれに見合った走行感覚。だとするとスカイラインクロスオーバーはピッタリ。

SUVならなんでも良いではなく、積極的に選べる内容を持つプレミアムSUVがスカイラインクロスオーバーです。

体感出来るFRらしさ

スカイラインといえば、わかりやすいFR感覚が魅力。ステアフィールとかエンジンブレーキ時の感触とか。

クロスオーバーになってもそこは変わらず、パワステは軽めに感じられたけど、切り込んでも戻しても、それこそ時速40km以下の低速で、ハンドルを切るだけでFRらしさを感じられます。

ブレーキング時には、リアタイヤにブレーキが強く掛かるので、リアが伸びにくくて安定。エンジンブレーキもリアタイヤに掛かるので、シフトダウン時の衝撃もフロントにガツンと来るよりよほど快適。

そして加速時にグッと沈み込んでくれるリアサスペンション。リアは固めるだけのFF車とは全然違います。コーナー立ち上がりでの加速が快感。ブレーキから再加速まで、普通のペースで走っても良さがわかります。

比較、いろいろ

日産スカイラインクロスオーバーは全長短めでフロントパートが長め。そのため室内は狭い

リアシートに人が乗るには狭く、乗降性が悪く乗り込みにくい。シートバックだってコンパクトカーのように立っている。荷物用としても同サイズの他車と比較すれば荷物だって載らず。

しかしこれら全てが余裕と言い換えられるもの。広さや実用性を重視すれば、それはラグジュアリーではありません無駄があるからこそ余裕を感じるわけです。

だからこのクルマは心の余裕がないと買えません。1人で走行する時間がほとんどだよってね。それならクーペで良いわけですが、現代のスペシャリティクーペがSUVです。

同じ値段なら車内広い方がいい。それなら別の車種がたくさんあります。SUVって背が高くて広そうに見えますが、ミニバンとは違います。実用性考えれば当然ながらエルグランド選んだ方がお得です。コスパならそっち。大きいから立派に見えるという、わかりやすい高級感がバッチリ。売却&下取り価格だってスカイラインクロスオーバーより良いでしょう。

そんなコスパじゃないからこそのスカイラインクロスオーバー。とはいっても、プレミアムカーとしてはお得感高く、ベースグレードがナビ付きで420万円、上級グレードでは本皮シートに変わって470万円。セダンで同じエンジンを積んだグレードが380万円ですから、率にすれば1割だけお高いだけです。


スカイライン「クーペ」の内容を持つSUV。セダンを地味と考えるなら、やっぱりクロスオーバーしかないでしょう。

内装とパッケージング

日産

セダンより狭いリアシートに、ムラーノより狭いくらいのラゲッジスペース。聞けばベースとなるスカイラインよりホイールベースを切り詰めているとの話。つまりクーペがベースと、そう言ってくれた方がわかりやすい。

なんで?と思いましたが、何かしらの理由があるはず。

内装では特にインパネ周辺はセダンやクーペとはけっこう差別化。パッと見のイメージは一緒ですが、じっくり見ればスカイラインクロスオーバーの方が高級感を感じさせてくれます。ワイド感と包まれ感を感じる造形に、セダンやクーペで不足していた品質感。クロスオーバーではレベルアップしています。

インパネと言えば、奥行きが短めで、フロントウインドーはドライバーに近くサンバイザーは頭に近い。するとAピラーもドライバーに近い。これは見切りがよく感覚が取りやすく、コーナーでの死角も少ない。

ナビのディスプレイは若干凹んだ位置にあります。少しでもドライバーから距離を取り、目の負担を減らす試みには大賛成。奥行きと立体感は高級感にも直結します。
それからこうした位置に画面があると、反射する光を遮ってくれそうですが、効果は限定的。走行中は普通に反射します。

日産 スカイラインクロスオーバー
日産

SKYLINE CROSSOVER
(スカイラインクロスオーバー)

  • 試乗グレード:“370GT”
  • 型式:J50
  • 車両価格:420万円

エンジン概要

  • 排気量:3700cc
  • エンジン型式:VQ37VHR

その他概要

  • ボディサイズ:4635×1800×1575mm
  • 発売開始時期:2009年7月
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
優雅さ 5段階評価
お買い得度 5段階評価

日産
メーターは他のスカイラインとほぼ共通。

日産
立体感ある造形はさすがこのクラス。

日産
センターアームレスも優雅な造形

日産
ルーフレールがあるとより大きく見える。

日産
評価の悪かった日産5ATは新世代の7ATに進化。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。