スカイラインV36・2500ccエンジン搭載車・評価と評論

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2007年 日産 V36スカイライン
著:ヒラリー)

V36スカイライン2500cc試乗「1」

V35スカイラインをブラッシュアップし、内外装の質感アップでデビューしたV36スカイライン。このページでは2500ccモデルを取り上げています。グレードは「250GT」

関連ページ - V36・3500ccモデル「スカイライン350GT」
古くても魅力は1段上??CPV35スカイラインクーペ試乗レポ

日産
  • グレード:“250GT”
  • 型式:V36
  • 車両価格:約280万円
  • デビュー年:-
  1. このpage - スカイライン試乗「1-1」・エンジンとミッション、動力性能
  2. 分割page - スカイライン試乗「1-2」・サスペンションの印象と乗り心地
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

試乗車と概要

先代V35スカイラインから基本は変わらず、細部をブラッシュアップしたのがこのV36スカイライン。V6エンジン+5AT+FRというコンポーネンツを持ったアッパーミドルサルーンです。

試乗して感じる印象は、サルーンというよりスポーティセダン。引き締められたボディとサスペンションでカッチリしているのが特徴的。単純な快適性よりフラット感重視という、最近のセダンらしい感じです。

エンジンは2500ccと3500cc

V36スカイラインのデビュー当時のエンジンラインナップは、2500ccと3500cc。どちらも日産ご自慢のVQエンジンで、若干型式が変わって末尾の「DE」が「HR」に変更。”一般的な高級感”という部分では変わらずですが、高回転での迫力はレベルアップ。
また組み合わされるミッションは旧世代感の強いステップ式のAT。
※のちの2008年、3500ccは3700ccに変更。また5ATは7ATに変更

ボディを見渡し思うこと

今回わたくし、一般的なディーラー試乗としては長い距離を走行させて頂きました。またとても幸せなことに様々な路面を走る事ができました。スカイラインは購入候補として考えています。ミドルサイズ〜アッパーミドルセダンが第一候補で、IS250やマークXあたりと比較しています。

ディーラーでV36スカイラインの簡単な説明を聞きながら、ボディ全体を見渡します。前から横から後ろからと見ると、思ったよりスタイリッシュじゃないですか。ディテールや面構成の質感が高く、安っぽくないウネリが立派。写真より実写の方が立派に見えるタイプですね。

シャッキリと丸みの組み合わせがなんとも日産らしくなく、アッパーミドル以上の車格を感じさせます。ライバルはレクサスISというのも納得。敢えていえば、もう少しボリュームが前よりのシルエットをしていたら日本人向けだろうと思います。

で、試乗して購入したか??答えはいいえ。どうしてもエンジン&ミッションに納得いかず、別の8気筒セダンをチョイス。スカイラインは見送りになりました。
しかしなぜか、当HP編集スタッフの桃花が、CPV35のMTを購入。クーペの方ね。サスペンションのフィーリングとか、ハンドル切った時の反応とか、さらにエクステリアデザインのまとまりだってこれが一番じゃない?ってことで。

V35より断然進化したインテリア

ドアを開けて運転席に座ると先代V35からは大幅にレベルアップ。V36スカイラインの内装デザインは現代風になりました。時代に合わせて洗練というか、ずっとずっとスカイラインの弱点だった部分が、ライバル車と比較できるところまで来ました。さすがインフィニティブランド!

内装で良いのは造形。インパネ〜ドアトリムの造形とワイドに広がるダッシュボードに洗練というイメージを頂きます。これが無骨なスカイラインか?と思うほど。

質感としてはライバルと比較して良いではなく、むしろインパネ周辺の質感は最低限。包まれ感あるデザインや多くのスイッチをレイアウトすることで高級に見せていますが、手触りとか、押し心地とか、残念な部分も多いです。

従来までのように「内装がキライだから買わない」なんて文句言うほどではありません。

個性が強すぎる部分やどうしても気になる部分

不格好なアナログ時計や、低品質っぽいシルバー塗装パネル。如何です??

それからメーターパネル。スカイラインを乗り継がれている方にはお馴染み、チルトステアリングと同期するメーターパネルは健在。ステアリングを上下させるとメーターも一緒に上下。

ハンドル下げてもメーターが隠れないんですが、他車で採用していないのを考えると何か問題があるのかと心配してしまいます。

他のミドルクラスセダンの内装イメージ

アコードの内装120系マークXの内装

SAIの内装

左上の写真がCU系アコードセダン、右上120系マークX。左下がSAI。右下がレガシィ。

他のセダン、マークXやアコードと比較すればどこか厳しいスカイラインの内装。でも同価格帯のミニバンと比較すれば、スカイラインの方が断然いい印象。ミニバン系に質感を求めるのはまだまだ先かな。エルグランドとかアルファードだって、そもそも大事なゲストを乗せてイイだけの質感がない!ハイエースにベッド積んだ方がデートに使えると思っているのは自分だけじゃないはず。

試乗してみると・・・

試乗。まずエンジン、そしてミッションの印象。

エンジンのフィーリングと質感

試乗ということで走り出す。多少なりともクルマに慣れるまで、違和感が取り除かれるまで、頭を無にしてゆっくり走る。

慣れてきたら低回転からジワッと、1秒掛けてアクセルを踏み込む。エンジンは高回転型といえるような、上でパワーが盛り上がる感じが好印象。この盛り上がりこそエンジンの醍醐味。6気筒ということもあり高回転でレスポンス上々。の楽しく回せます。荒っぽいノイズと音量が特徴ですが、好きならこれだってクセになる。

低回転で踏みこむ量を増す必要のある時、かつ、シフトダウンするほど強力な加速を望まない時。巡航回転数でトルクの厚みを感じます。余裕があって苦しそうな音をしないのが気持ちいい。高級感という面では低回転から今ひとつ。アイドリングからジェントルとは言えないエンジンだけど、中排気量クラスらしくジェントルに走ることはできる。

少し厳しめに評価すれば当然の質感とパワー感。ほんとはもっと滑らかさを求めたくなるのは事実。逆に初めてこのクラスに乗るなら、コンパクトカーとは全く違うということをすぐに体感することでしょう。

安価な6気筒モデルは貴重になりつつある

未だに4気筒と6気筒の差はデカイ。しかも安価な6気筒エンジン搭載車は減っている。上級コンパクトカーを180万円とすると、280万円のスカイラインとは100万円の差、この100万円で質感の差はものすごい差になる。

いずれはコンパクトカーがこのレベルに...。いやいや燃費の方が重要ですか。電気自動車ならエコノミー&滑らかです!

エンジン形式はおなじみVQ型

エンジンは「VQ25」。相当古いY33セドグロの時代から存在するエンジン。もちろんエンジン自体は年々改良されてるらしく、今回は「VQ25HR」という型式。高回転で急に盛り上がる振動が減り、印象はだいぶ良くなりました。

エンジンノイズ的には日産のV型エンジンはらしさ満点、回転を上げると、ウネリ音みたいに濁った音質のノイズが聞こえます。これぞV型!みたいなイメージです。

トヨタのGR系V6だって荒っぽいエンジンノイズが特徴だけど、あっちの方が6気筒らしい感じが強く、音の割に振動を感じる場面は限定的。アクセルペダルOn-Offでの扱いやすさも悪くない。踏んだ瞬間のフィールはジェントル。日産の6気筒エンジンてなかなかね、いつもトヨタより厳しいね。直6時台、1JZとRBの時代もそうだった。

何年か昔にVQエンジンがデビューした時には、これは上質だなと思いました。搭載されていたのがセドグロというのもありますが。
ところがトヨタもV6がメインになり、比較されるようになってからは厳しくなりました。そうして言われるのはやっぱり、直6は良かったと。スムーズさや心地良いエンジンノイズなど直6だったRB型の方が上。なくなってみればRB型が恋しく〜ってヤツですね。

スカイラインはスポーツカー?それともサルーン??

演出という部分でちょっと子供っぽいような印象。音が特別いいわけでもないし、むしろクセがあるな音。特別加速が速いわけでもないのにこの音量。隣のパッセンジャーとゆっくり話ながらのドライブ、アクセルちょっと踏み込んだだけで、話がシャットアウトしてしまう...。ボディデザインと6気筒という言葉から想像されるだけの高級感はありません。

逆にスカイラインをスポーティカーと考えれば全然あり。そういえばサスペンションも固めのタイプ。ゆったり走りたいのであればフーガが用意されていますしね。

エンジンと運転しやすさ

アクセル踏んで良いと感じる部分。VQ25HRではアクセルペダルの反応が好ましい。以前より調教されています。
同じスカイラインでも3500ccのモデルは不完全です。唐突な部分が強くギクシャク感半端ない。VQ35DEはVQ35HRになってもスロットル特性に疑問を感じます。
なので、日常での運転しやすさで選べばこの2500ccモデル。

現在だとまだ、電子制御スロットルっていろいろ。ワンテンポ遅れたり、唐突なスロットルカーブだったり、違和感ないクルマの方が珍しいくらい。

ミッションが特に残念

そしてミッション、相変わらずの日産らしい5AT、このミッションは不快な部分が目立ち、完全に旧世代的。現代のレベルからすれば大きく劣っています。同じように変速するホンダの5ATだってもう少しマシ。BMWなら1シリーズの6ATだってもっと上級。

スカイラインの足を引っ張るのはこの部分。運転して、加速減速して、なんだこのミッション、R33の時から進化してないじゃん・・・。それが第一印象。
交差点からの立ち上がりの度にストレスを感じます。慣れれば普通になっちゃうのかもしれませんが。

追記:2010年マイナーチェンジでミッションは7ATになりました。こちらは期待できます。

 


ブレーキについて

ブレーキに関してはペダルタッチが微妙に独特で、扱いにくく感じます。ブレンボマークの旧型V35スカイライン、あれはとっても扱いやすいんだけどなぁ。V35スカイラインのブレンボ、市街地でもどこでも使いやすい。
ブレンボブランドでなくても扱いやすさは同レベルを望みたいところ。効きとか減速力はタイヤ次第。最も望みたいのは日常での扱いやすさ。

同じ日産車ならコンパクトSUVのデュアリスの方が気持ちよく減速を楽しめる。背の高いFF車の方がブレーキを楽しめるなんてちょっと不思議。やっぱりこの、扱いにくさが問題。

減速といえばミッションに関係する部分も。スカイラインのATは制御が雑でショックやラグが大きい。手動でシフトダウンすると一段と目立つ。こんな部分もスカイラインらしさ満点、相変わらずです。

日産 スカイライン
ニッサン

SKYLINE  (スカイライン)V36

  • 試乗グレード:“250GT”
  • 年式:平成20年(2008y)前期
  • 新車時価格:約280万円

エンジン概要

  • 車両型式:V36
  • 排気量:2500cc
  • エンジン型式:VQ25HR
  • ボディサイズ:4755/1770/1450mm
  • 車重:1570kg

車両型式

  • V36 - 2500cc
  • NV36 - 2500cc 4WD
  • PV36 - 3500cc
  • KV36 - 3700cc
  • CKV36 - クーペ3700cc
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

スカイラインのバッテリー適合詳細


スカイライン

V36 VQ25HR 2500cc 2006年〜
80D23L

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価



奥まっている位置にナビが付く。近いより遠い方が見やすい。ただボタンが遠い。


後期型のフロントマスク



限定車専用の外板色ガーネットブラック&レッド本皮シート

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。