レガシィ(ワゴン)試乗P1・自動車比較評価

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・スバル
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2012年記事 スバル
レガシィツーリングワゴン 著:元自動車整備士)

レガシィ(ワゴン2500cc)試乗「1」

試乗車は5代目となるスバル・レガシィ(BR9)。グレードは「2.5i」。ベーシックな低価格グレード。日本での発売前、ニューヨークでプロトタイプが公開され、ボリューム感あるボディデザインと割安な価格設定で、これはレガシィではない!なんていわれたクルマです。

スバル
  • グレード:“2.5i”
  • 型式:BR9
  • 車両価格:約230万円
  • デビュー年:2009年〜
  1. このpage - レガシィワゴン「1-1」試乗感、基本page
  2. 分割page - レガシィワゴン「1-2」お得な車両価格が魅力
  3. 分割page - レガシィワゴン「1-3」特徴やイメージ、ライバル比較

簡単試乗です。詳しい内容はございません。それでもセダンB4はこちら!レガシィB4GT・DIT試乗記

簡単な試乗による簡単な試乗レポ、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

今回もラインナップされるツーリングワゴン

スバル

先代の4代目レガシィまでは、ほどほどなボディサイズに質実剛健なボディデザイン、ライバルより若干割高な価格設定がスバル戦略!それがレガシィの王道といわれていました。そのぶん走行性能にはこだわっていたわけです。

レガシィはステーションワゴンブームを巻き起こした存在ですから、ワゴン全滅の中でもしっかりラインナップされています。

コンパクトカー、ミニバン、軽自動車が圧倒的なシェアになっている中、5代目レガシィではボディとエンジンを拡大し車格感アップ。プレミアム感を向上させています。同時にマニアックな部分ではコストダウンが見られ、わかりやすい商品価値が上がっています。

コストダウンと思われる部分は、アルミ製のボンネットフードやフェンダーなどを一般的な素材に変更。などを始め、車両価格は割安感を感じさせます (トヨタの影響?)。

ワゴンユーザーは一安心

背の高いミニバン系は嫌だ。セダンも嫌だ。ステーションワゴンはそういった時の貴重な選択肢。スーツで乗ってもキマリ、プライベート感あってコンフォートすぎない。
そしてワゴンユーザーが、今の生活を変えずに新型車を選べる。ワゴンボディがラインナップされること。それだけでもレガシィの存在価値だと思います。

レガシィの室内、質感や広さについて

ドライバーの視点から

今回のBR9型レガシィツーリングワゴンのボディサイズ。
4775/1780/1535mm

日本風にいうとアッパーミドル、世界的な表現だとDセグメント。車体が大きくなった分、室内も広々とした感じを受けるようになりました。

室内幅はすべてのグレードで従来比10mm拡大。センターコンソールの幅も大きくなり、運転席と助手席との間隔がはなれたという感覚は、先代(4代目)レガシィに乗られていた方にはすぐわかるでしょう。 これで男性2人乗車でも快適性は大幅向上!

広くなったリアシート

全長全幅が大きくなり、ホイールベースも延長され、後部座席も広く感じられるようになりました。リアシートも30分ほど試乗しましたが、やはり狭さは感じられません。着座姿勢がアップライトになったようにも感じられ、それも含めリアシート足下は特に広くなっています。

いつの時代も安くて広いクルマというのは受けがいい。レガシィもこの点がきっと評価されるはず(特にアメリカ市場)。特にリアシートの居住性拡大がポイント、先代の4代目レガシィまでがいかに狭かったかの証拠になっちゃいました。

いくらレガシィがドライバー優先といったところで、スポーティクーペではありません。車格なりの高級感は必要だと思います。今回は室内の横幅が広くなり、これはユーザーが抱く高級感に直結。
快適なスペースは気持ちにも余裕でゆったり運転。エンジンは低回転を使って優雅に走りたくなるこの余裕、燃費性能にも安全性にも貢献

内装質感について

内装のデザインはアニメデザイン。いわいるガンダムチックという第一印象。最近はこういうのをアニメデザインというそうですが、日本発祥のデザインかもしれません。

如何にもスバルらしい、無骨なインパネのデザインはシャア専用レガシィなんて期待してしまうイメージ

直線多様の内装パーツは隅々まで角々しい作り、レトロなシルバー塗装、これらが奏でるオーケストラは安っぽくアニメチック。
ドア内張なども歴代のレガシィと同一イメージで期待通り。無骨なデザインから繋がる低い質感はスバルのアイデンティティとなってしまっています。

レガシィはスバルでは上級車種なので、立派に見せる物理スイッチは多く並びます。スイッチが多いと高級に見えちゃったりしますよね。部品点数の多さは高級感に繋がります。機能豊富なアピールと立派さの両立。ノーブルで美しい内装って少ないです。

追記:内装の質感はインプレッサと大差ありません。細部で差を付けているイメージです。

レガシィに試乗してみて

次は試乗しての感想。スバルのディーラーは長時間、納得行くまで気持ちよく試乗させてくれます。
なにしろお得なだけじゃ、クルマ好きはクルマを買いませんからね。

全体的には、走行性能どうこうより快適性が高まったのが好印象。エンジンは水平対向4気筒にも関わらず、水平対向の嫌なフィールは一段と小さく、トルク感アップして低回転が使いやすく。排気量が増えた恩恵でしょう。

足回りも柔らかめです。ただしベーシックグレードだと、柔らかめとはいえ”快適とはいえない”乗り心地なのが残念。リアサスが固めなキャラクターと、動きが渋いサスペンション。そこらじゅうでガチャガチャいうわけじゃありませんが、柔らかいのにドタバタ傾向。セダンB4・2500ccも一緒です。

車重が重ければショックの粗を隠しやすい訳ですが、トヨタのアルファードなど重量があっても渋いショックそのままなので、一概に言い切れるわけじゃないみたいです。

直進安定性やステアリングフィールでは、レガシィならでは安定性がより磨かれ、ゆったりとした動きに。高い速度に対応し、長距離走行でも疲労の少ないドライブに繋がると思います。

ハンドリングはディーラー試乗レベルだと印象に残るモノはありませんでした。同クラスまたは同価格のクルマと比較して普通です。 4代目レガシィ(先代)のみたいな、短時間でわかる感動はありません。「ミニバンと比べれば長距離が楽そう」くらいの評価とさせていただきます。

CVTについて

試乗しておもしろかったのがCVTパドルシフト(全車種標準装備)。今さら感がありますが、運転を飽きさせません。スバルはプレオの時代から7段に選択ホールド出来るCVTを提供していて歴史があります。変速フィールは唐突すぎず鈍すぎず、いい感じです。

新開発というCVT、ハードウェア面では効率向上で燃費向上、本体サイズのコンパクトもポイントらしいです。

いくら良いCVTといってもまだ、良くできた多段ATほど良くはないです。人間の感覚とずれがあるという欠点はまだあります。
レガシィセダンのDITなど上級グレードには「ステップATモード」というのが用意されています。こちらは速度に合わせてエンジン回転数が上下するモード。このベースグレードでもステップATモードがあったら良かったのに。そしたら筆者、購入していたかもしれません。

好感度高いブレーキフィール

ブレーキについて、これは相変わらずスバルらしいブレーキ。国産車全般でブレーキに対するのレベルが上がったため、レガシィだけが特別なわけではありませんが、扱いやすさは相変わらずレガシィといったところ。ほどほどに高いペダル剛性がいい。そしてリアのブレーキがしっかり効くために、フロントノーズダイブも少なめ。

ABSの介入は遅めで、個人的には好感度大。例えばトヨタ車などでは速度や路面によって、全くスキール音もしない状態でABSが働きます。もちろんタイヤ銘柄にもよりますが、そういったセッティングが基本なのでしょう。
レガシィではタイヤが路面に食い込む音、クゥ〜という音がしてこそタイヤが目一杯働いている気がする。

最後の最後だけABSに介入して欲しいのならレガシィかインプレッサのスポーツグレードがオススメ。インプレッサなんかだと多少の滑りは許容するようにも感じ、積極的な旋回ブレーキなんかも使いやすく感じます。ディーラー試乗レベルの速度域でも、ズズッとかキキッとブレーキする感覚を体感できると思います。


かっこいいのか悪いのか?色数が多く使われる夜間の車内。(最近はレガシィに限らずカラフルなメーター多し)

レガシィの装備内容など

今回のレガシィにはクルマ好きを熱くされる装備や技術がありません。CVTは嫌いなから多いからほら...。

逆にコスパは充実。「横滑り防止装置」や「電磁式パーキングブレーキ」の標準装備など、装備は同価格帯のミニバンと比較すると充実し、ライバルの各社ミドルクラスセダンと比較すると価格が安い。

デビュー当時の感覚では、ボディサイズと装備、両面からコストパフォーマンスに優れていると思います。ただコスパは追いつかれ、追い抜かれるもの。ライバル車からは特別仕様車が出てきます。

ビルシュタインブランドのダンパーは、1番お高いグレードのみ装備。「Sパッケージ」というグレードです。ご予算盛るのはイヤでしょうから、アフターマーケットで良質な車高調を探す方法があります。

追記:新グレードDIT

モデル途中で登場となった2000cc直噴ターボ搭載新グレード、「DIT」というグレードでもビルシュタイン製ショックアブソーバーが付きます。

スバル レガシィ (ワゴン)

スバル

legacy (レガシィ)

  • 試乗グレード:“2.5i”
  • 年式:2012y
  • 型式:BR9(5代目)
  • 新車価格:約230万円

エンジン概要

  • 形式:EJ25(水平対向4気筒)
  • 排気量:2500cc

概要

  • ボディサイズ:4775/1780/1535mm
  • ワゴン価格:236万円程度〜
  • セダン価格:220万円〜
  • 発売開始時期:2009年〜

レガシィのモデル別の違いや比較
その他の概要はリンク先で掲載中。

試乗レポ

当記事は「元自動車整備士」がお届けします。
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

レガシィB4のバッテリー適合詳細

レガシィワゴンのバッテリー適合詳細


レガシィツーリングワゴン

BR9 - EJ25 2500cc 2009年〜
80D23R


レガシィB4

BP5 - EJ20 2000cc 2003年〜
50D20L

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
パッケージング 5段階評価
お買い得度 5段階評価


メーター回りは上質。2.5iL以上でこの自発光タイプ。


最廉価グレードでは必要最小限のメーターとなる。


ドリンクホルダーに蓋が付くのは良い。レクサスCT200には蓋がないので上級装備かもしれない。


ナビ+オーディオ+エアコン。エアコン操作パネルの位置が低い。


ステアリングスイッチの押し心地は特別悪くはない。引っかかることもない。


シフトセレクター、トヨタ車と比較すると剛性感が少なめ。実際に使う分には固いよりは柔らかい方が使いやすいと思う。

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。