ヴィッツ(3代目マイナー後)P6/燃費の話題と総評

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
HPヘッダー画像

(2017年記事 トヨタ ヴィッツ
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

ヴィッツ(ビッグマイナー後)試乗「6」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗レポートは3代目ヴィッツ(130系)。2014年のビッグマイナーチェンジ後のモデルで、グレードは「1.3U」

当ページは6ページ目です。 「コストパフォーマンス、評価総合」など掲載。

トヨタ
  • グレード:“1.3U”
  • 年式:2014年式
  • 型式:NSP130
  • 車両価格:170万円
  • デビュー年:2010年12月〜
ヴィッツ内装1ヴィッツ内装2

一部画像はクリックで拡大します(横長画像など)。

※内容は辛口評価です。試乗時のチェックポイントを重視!


  1. 分割 - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-1」概要とエンジン、ミッション
  2. 分割 - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-2」静粛性や乗り心地など快適性
  3. 分割 - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-3」内装質感
  4. 分割 - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-4」リアシートとラゲッジスペース
  5. 分割 - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-5」燃費とトリビア的話題
  6. ここ - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-6」コスパと評価総合

関連ページ

  1. 単純明快な比較!2016〜17コンパクト比較
  2. 最近レポ!ヴィッツ1000c(1.0F)c試乗レポ
  3. G'sも!ヴィッツRS-G's試乗レポ

2014マイチェン後の価格

ご詳細しているヴィッツは2014年4月のビッグマイナーチェンジ後のモデル。グレードや価格に関連した部分について簡単に。

  • 1.0F・・・マイチェン後 133万円 / 初期 121万円
  • 1.3F・・・マイチェン後 148万円 / 初期 130万円
  • 1.3U・・・マイチェン後 180万円 / 初期 151万円
  • 1.5RS・・・マイチェン後 191万円 / 初期 180万円
  • 1.5RS G's・・・マイチェン後 201万円 / 初期 190万円

内容が良くなった分、価格も大きく上昇しています。
従来と同じご予算で買えるグレードは1000ccエンジン搭載車になり、上位グレードでは1クラス上のクルマと変わらぬお値段

1000ccメインの可能性

1300ccを考えていらっしゃった方は、「最廉価グレード」で「1000cc」で「3気筒」のモデルを選ぶしかなくなってしまいました。ヴィッツに限らず、「良いクルマが欲しいんじゃない、ソコソコのクルマが欲しい」というお声はよく聞きます。

心配はリセールバリュー

クルマってモデルチェンジの度に、大きく立派に、そして値上げされていく。やはり立派に見えるクルマには乗り換えたくなるんでしょう。限度を超えれば消滅だけどね。

ヴィッツは見た目はそう変わらず、お値段だけ上昇。本当は同じ値段で大きく立派に見えるクルマがウケるのはメーカーだって承知なはずでしょ。ヴェゼルとCX-3の結果見てもわかるしw

これは実用性や経済性が重要視されるコンパクトカーで、許される事?? ダメならきっと、値引きなど条件面で対応してくれるようになると思います。

そうすると心配なのは下取りや売却といったリセールバリューだよね。ただでさえ割の良くないこのクラス、シエンタあたりを選んだほうがお得になってしまう可能性もあります。

ライバル比較

下記ページにてコンパクトカー比較をまとめています。内容薄めながらその分、簡潔で明確を心がけました。


とっても単純に記せば、下記のような感じです。

車内広さで選ぶのなら?

良い・・・フィット、ノート / 悪い・・・スイフト、マーチ

乗り心地で選ぶのなら?

良い・・・ノート、スイフト / 悪い・・・フィット、デミオ、マーチ

エンジン質感で選ぶのなら?

良い・・・ヴィッツ、フィット、デミオ / 悪い・・・ノート、マーチ、スイフト

運転しやすさで選ぶのなら?

良い・・・デミオ / 悪い・・・ヴィッツ、フィット

コストパフォーマンス(定価)で選ぶのなら?

良い・・・ フィット / 悪い・・・ヴィッツ


こんな感じで評価すると、一番オトクなのはフィット? フィットは確かに「一台でなんでもこなせるコンパクトカー」。

だろうけど3代目はそこに「サーキット走行までOK!」みたいな味付け。ちょお〜っと万人向けじゃない。少なくても筆者は、身内には勧められないな。

同年式の1000ccグレードは柔らかい

リアシャシービッグマイナーの直前に、筆者の親戚がマイチェン前の1000ccモデルを購入。決めては価格です。

そのヴィッツのサスペンションは柔らかいです。

オーナーが普段走行する速度は時速40〜50kmで、どこでもゆっくり。それなら固いサスペンションなんて必要ないだろうし、質どうこうよりも絶対的に柔らかい方が好ましいんじゃないかと思う。

筆者が運転してオーナーを乗せることもあって、その時は同じようにドライブする。すると、こうした乗り方なら柔らかい方がいいよね、ってなる。
もちろんパワーが必要になる場面は限定されるし、ヴィッツのダルなハンドリングにもあっているしw

日本の一般的なおばちゃんと、一般的な交通状況に合わせた、昔からの日本車らしいセッティングって悪くない。でも最近こういうの減っちゃったよね。

普段運転する場所の交通状況や、運転の仕方に合わせてグレードを選べるのはヴィッツの大きな魅力。1000ccでも1500ccでもヴィッツはヴィッツ、だよ。
ビッグマイナー後の1000ccモデルがどういう味付けかわかないけど、試乗時は乗り比べしてみるのを推奨します。

※2018年製のヴィッツ1000ccを筆者の身内が購入したので、比較走行を行い次第、追記します。

ヴィッツメーター1(昼)ヴィッツメーター2(夜間)

ヴィッツ(マイチェン後)総評

エクステリア・サイド

ビッグマイチェンで魅力を増したヴィッツ。「トヨタ車」という以外に魅力を感じなかった初期型からすると、積極的に選べるように進化。

でも、価格が高い!ライバル車が130万円前後〜のところ、ヴィッツの1300ccは150万円〜。これは1クラス異なる感じで、ヴィッツだと1000ccを考えなくてはならなくなってしまった。

試乗した「1.3U」は、静粛性高いしエンジンも立派。といっても静粛性はカローラに負けるから、わかりやすい魅力を感じにくい上で高い

つまりコストパフォーマンスが悪いよね。売却時を考えても、フィットやノートより2割高く買い取ってもらえればいいんだけど、そこまでは考えにくい。

トヨタというブランドだからこその魅力、そこに惹かれてのヴィッツというのが結論。もしくは大幅値引きという条件をもらい、そこから検討を始める感覚。ヴィッツ指名買いはG'sくらいにしておくのが無難に思います。

主要グレードの価格が上がり、G'sに割高感を感じなくなったというのもあります。

トヨタ ヴィッツ

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • 試乗グレード:“1.3U”
  • ミッション:CVT
  • 年式:平成27年式
  • 型式:NSP130
  • 新車価格:170万円
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」監修のもと「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー





ステアリング交換

ドラレコ取り付け

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です