ヴィッツ(3代目マイナー後)P5/燃費の比較

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(トヨタ) > ヴィッツ(3代目マイナー後)P5

(2017年記事 トヨタ ヴィッツ
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

ヴィッツ(ビッグマイナー後)試乗「5」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗レポートは3代目ヴィッツ(130系)。2014年のビッグマイナーチェンジ後のモデルで、グレード「1.3U」

当ページは5ページ目です。 「燃費とトリビア的話題」などを掲載中。

ヴィッツ内装1ヴィッツ内装2
トヨタ
  • グレード:“1.3U”
  • 型式:NSP130
  • 車両価格:170万円
  • デビュー年:2010年12月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-1」・概要とエンジン、ミッション
  2. 分割page - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-2」・静粛性や乗り心地など快適性
  3. 分割page - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-3」・内装質感
  4. 分割page - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-4」・リアシートとラゲッジスペース
  5. このpage - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-5」・燃費とトリビア的話題
  6. 分割page - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-6」・コスパと評価総合

単純明快な比較!2016〜17コンパクト比較 / 別ページにてG'sも掲載中!ヴィッツRS-G's試乗レポ
ページ内の一部画像はクリックで拡大します(ページ右の横長画像など)。

燃費に関して

ヴィッツ(ビッグマイナー後)メーター内ディスプレイ

カタログ値も良いけど実際も燃費が良いヴィッツ。日常的に利用していて燃費悪いと感じない。車載の燃費計に表示される数値を信用すれば、また筆者含むスタッフの使い方だと、燃費が良いと評価されるフィットと同レベルかそれ以上の燃費で走行できる。

ということで燃費いいです。上の写真でディスプレイに写ってるのは、ここのところ平均して20km/L弱の燃費で走っているというのが表示されている。18〜19km/Lくらいかな。

これは開けた道をメインに使っていて、渋滞する時間は避けているというカラクリはあるものの、同じような状況で使用してきた他車と比較しても立派。
軽自動車と同レベルといえるし、ハイブリッド車であるアクアやプリウスと比較してもマイナス5km/L前後だろう。同じハイブリッド車でも中型クラスに属するSAIと比較すれば、同じ燃費といえる。

満タン法では試してないから、本当にこんな燃費なのかはちょっと不安ですがw

メーター内の燃費表示

今回、ホームページ用写真の撮影中に走った時の燃費はこんな感じ。

「平均車速19km」で「平均燃費16.5km/L」と表示された。

開けた道で燃費重視走行を心がけると、20km/L以上も表示されます。

メーター内の燃費表示

こちらはヴィッツを購入して1年以上経過してからの燃費。

国道16号を2時間ほど走行した時のもので、信号少なく時速30~40kmで流れる走行状態。平均時速は25kmで20.3km/L。この後もさらに上昇していった。ドライバーがクルマに慣れたこと、それからこうした燃費に条件の良い場面では、20km/Lを超える燃費が表示される。

撮影した時は成人男性3名が乗車していたけど、加速-停止の回数が少ないこうした状況では、重さと燃費の関係は体感的に感じられない。

2014年式1000ccエンジン搭載車と燃費比較

フロントバンパー1000ccエンジンのヴィッツもたまに運転する筆者。このビッグマイチェン後の1300ccと”大雑把に”燃費を比較してみる。

2014年式1000ccのヴィッツはゆっくり運転を行い、筆者以外のおばちゃんドライバーも超ゆっくり運転で使用し、給油して満タン法で計測。燃費は、満タン法で18km/Lだった。

燃費は同じくらい。1000ccのヴィッツ、ことゆっくり運転に限って言えば、誰が乗っても燃費良い。一方で1300ccのヴィッツは今回、条件が良ければ同じくらい、となった。

2018年納車の1000ccで燃費比較

フロントバンパー2018年納車の1000ccモデルでも燃費チェックを行いました。

比較走行を行うと、1300ccモデルの方が燃費に優る印象です。1300ccモデルで20km/L前後のコースで、1000ccモデルでは18.5km/Lあたり。差は概ね1割弱です。

マルチインフォメーションディスプレイ

マルチインフォメーションディスプレイ

この「1.3U」というグレードには、メインメーター内に大型のディスプレイが装備される。

これはステアリングスイッチから操作でき、主に燃費に関する情報の表示と、いくつかの設定ができる。情報表示に関しては多くの項目があり、1年前の燃費情報まで比較参照できたりドライブ中の退屈しのぎなどにも利用できたりする。

操作は上下左右のスイッチを利用し、階層を進んでいく形。なので慣れないと、いつもの表示に戻すのも一苦労だったりする。

一応の救いとしては、シエンタなど他のトヨタ車でも同じようなインフォメーションディスプレイが搭載されているので、どこかで慣れてしまえば、違うクルマを運転した時でも気軽に使えるという点かな。最も台数が多いトヨタ車だけにね。

トリビア的話題

フロントバンパーの照明

フロントバンパーフロントバンパー・デイライト

フロントバンパーに付いているデイライトのような照明について。これ、ヴィッツに限らず最近のトヨタ車では、よく装着されているように思う。
特徴は、縦型の形状をしていて、バンパーにビルトインされている。後付パーツみたいな感じだけど実は純正アクセサリーだったりする。

そしてココで取り上げたいのは、「そんなに眩しくない」という点。カッコいいけど眩しかったらどうしよう?なんて迷っていらっしゃる方も居ると思うんだけど、よほど目が弱い方でなければ、大丈夫かなと。

御存知の通りELDって、モノによっては凄く指向性が強く、設計次第で目が痛くなるほどの光だって出せる。市販のアフターパーツでは輝度や眩しさをウリにしている商品も目立つ。でもやっぱりこれは純正アクセサリー。ヴィッツ購入時か、場合によっては購入後、これを付ければ眩しさを気にせず使える。夜間はヘッドライト(これもLED)の方が眩しく感じる。

フロントバンパーデイライトのスイッチ

気になるのはOn-Offのスイッチの位置

写真はステアリングコラムの下。ドライバーの左膝あたり。ここにスイッチは付けられる。そう頻繁にOnOffするものじゃないんだろうけど、後付感強いのは間違いない。

注)異なる場所にスイッチがある可能性もあります。

1本タイプのワイパーアーム

ワイパーアームウォッシャー液

ヴィッツのワイパーはアームが1本のタイプ。そしてワイパーアームからウォッシャー液が出るようになっている。

ワイパーアームが1本だと拭き取り面積が不安?

全然大丈夫。助手席前の部分なんて、2本アームよりキレイにふけてるんじゃないかと思うほど。
デメリットを敢えて述べさせていただくとすると、アームがゴッツいくらいかなと。ミドルクラス以上のクルマって、ワイパーが隠れる構造をしてるでしょ。あれの反対。けっこう目立つ。

雪をどかすパワーと耐久性はどうかな?現在のところ試せてない。それから拭き取り面積に対する感覚は、現在お乗りのクルマによって変わってくるだろうから、試乗時にウォッシャー液だして試してみるのもいいかもね。

続いてワイパーアームからウォッシャー液が出る構造について

普通の2本タイプでアームからウォッシャー液が出る日産車があるから、それから感想を述べると、ウォッシャー液を使用する量は少なくて済む。こっちの方が無駄なく効率いいよね。

懸念事項と言えば、水が少ない時にワイパーゴムで擦るわけだから、もしかしたらゴムが痛みやすいかもしれない。同様に、ピュッピュッとガラス全体を濡らしてからワイパーを動かく動作も無理。昔のドライバーはよくやったみたいなんだど、もしポンプが壊れちゃったらそっちの方が面倒。なので気にせずいきたいと思います。

ドア内張りを剥がしてみた

ドア内張りを剥がす

最近のトヨタやダイハツ車って、エントリークラスでも気配りが凄いと感じることがある。ユーザーへの気配り、乗員への気配り、クルマだけでなく商品全体で、ケーハクじゃない商品企画には惹かれてしまう。それが売るための気配りだとしても、そこにケーハクさは感じにくい。

ヴィッツなどで見られる気配りの一つに、走行中のガサガサ音の低減に取り組んでいるだろうというのがある。当HPスタッフは興味が湧くと、内張りを剥がしてみたり。それがこの写真。ヴィッツのフロントドア内張りを剥がしてみました(クリックで拡大)。ゴム系の大きな緩急材が挟まれている。

ユーザーが感じる快適性なんて単純に体感的なもの。ノイズが無ければ乗り心地がよく感じるなんて話はいくらでもある。ガサガサしないクルマは快適です。

本音はこの予算でショックアブソーバーの質を上げて欲しいなぁなんて思うけど、色々な都合がある中で一生懸命代案を考えてくれた結果だとすれば、評価されてもいい部分じゃないかと思います。

ヴィッツメーター1(昼)ヴィッツメーター2(夜間)

メンテナンスやパーツ取付

ステアリング交換ドラレコ取り付け

このヴィッツ(130系)にパーツを取り付けた時の様子や、メンテナンスを行った様子を別ページにまとめています。

簡単な作業はご自身で試されるのは如何ですか。D.I.Y.作業のお供によろしくお願いします。

トヨタ ヴィッツ
トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • 試乗グレード:“1.3U”
  • ミッション:CVT
  • 年式:平成27年式
  • 型式:NSP130
  • 新車時価格:170万円

試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」監修のもと、「ヒラリー男爵」がお届け致します。
元自動車整備士ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー





ステアリング交換

ドラレコ取り付け

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。