公式ツイッターも更新しています。
スタッフの日常や試乗感などツイート中!

デミオ、エンジンフード・ダンパー取付「2」

当ページは2ページ目です!

デミオ・ボンネットダンパー/取付と完了

「元お車整備士」がお届けするメンテコーナー
マツダ・デミオ、エンジンフードが簡単に開閉できるダンパーを取り付けました。エンジンフード=ボンネット。
多くの高級車に付いてるあのダンパーです。

09-01メイン09-0509-18

最近は小さくても高級装備で装備優先。ベーシックカーも装備を充実させて高額に。それなら、後付のダンパーだって付けちゃいましょう!というわけです。

  1. フードダンパー取付P1・概要と失敗例
  2. フードダンパー取付P2・取付と完了

クルマはこの型のデミオ(DE型)。

他の車種でも同じマツダ車など近い部分があると思います。

当記事の著者: / 

4.取付場所の確認

エンジンフード・ダンパーを取り付ける作業自体はとってもシンプル。計4箇所にステーを取り付けて、ダンパーを取り付けるだけです。

最初に取付ける(ダンパーが付く)場所の確認から始めます。

09-0609-07+

左の画像、ボンネット根元に四角い穴。ダンパー上側ボールジョイント取付場所。
右の画像、フェンダーのボルトの一番キャビン側。ダンパー下側ボールジョイント取付場所。

左の画像箇所については説明書の図の通り。他に選択肢はありません。右の画像箇所は失敗した後に見いだした、妥協の取付箇所です。

ボンネット側ステーの取付

ボンネット根元のヒンジにベースステーを取り付けます。

09-12四角い穴に付属のボルト(10mmヘッド)を外側から通して、ワッシャー、ナットでベースステーを固定します。

ボンネットヒンジに窪みがあるので、そこに出っ張りを合わせ、ステーが回転しないように固定します。

フェンダー側ボルトへのベースステー取付はこんな感じで

画像は左フェンダー側(助手席側)です。”キャビン側”の10mmヘッドのボルトを外して再利用し取り付けます。

09-11ベースステーは「右側」と記載されている部品を使います。

キャビン側のボルトに、ステーがフロントに向かって伸びるカタチで取り付ける。これが正解でした。

右フェンダー側(運転席側)はその逆で「左側」と記載された部品を使います。

できれば左右均等に取り付けたい。なので一旦、本締めはせず仮止め。全て取付ができたら最後に角度を合わせて本締めするのがいいかと思います。

5.ダンパーを取り付け

ダンパーの接合部分はボールジョイントになっています。ボールジョイントの部分ははめ込み後に細いピンを通して抜けを防止する構造です。

09-1309-14

ボールジョイント部分には予めグリスを塗布しておきます。綿棒で塗布してOK。

09-15ダンパーをはめ込み、ピンで固定してダンパーを取付けたら、フェンダー部分のボルトを本締め。

ダンパーの長さと負担を考えつつ、ベースステーの角度を調整して本締めします。

この際、ヘルパーがボンネットを支えている必要があります。一定の角度を保って下さい。

そしてメイン作業者が、「上げて」とか「下げて」と指示を出し、左右のダンパー可動量と作動角度が同じになるように取付出来ればベストです。

ボンネットダンパー取付は、一人でもやってやれない作業ではありません。万全を期すなら二人で取り組めば、丁寧に取付が出来ます。もちろん、メイン作業者がしっかり指示を出せなければ、二人で作業する意味は薄くなっちゃいますよ。

6.エンジンフード(ボンネット)ダンパー取付完了

09-1709-18

完成です。耐久性が不安なのでもともとついているつっかえ棒(フードサポートロッド)は外しませんでした。

09-16また、デミオ用と謳っていますが、ほとんど汎用なのでボンネットを閉めると左右の根元部分が少し盛り上がったかもしれません。

隣接するフェンダーやAピラーとの境目をよーく見たらなんとなく。気になるほどではありません。

このダンパーは多くの車種用が販売されていて、同じように取付が可能です。参考にして頂ければウレシイです。

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、率直なレビュー評価!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

サイト開設21年!最新が最良です https://mistake-car.com
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社 転載はご遠慮ください