HPヘッダー画像
公式ツイッターも更新しています。
スタッフの日常や試乗感などツイート中!

デミオ(DE)ショックアブソーバー交換「1」

当ページは1ページ目です!

使用するパーツ、工具、作業概要

「元自動車整備士」がお届けするメンテやカーオーディオと用品取付コーナー
マツダ・デミオをメンテナンス。ショックアブソーバー(サスペンション・ダンパー)を交換しました。スプリングは少し前に交換したばかりだったので、取り外して再利用。同時に1G状態にてボルト本締めにより、ブッシュ最適化の効果も考えます。

10-00メイン10-f0410-f02

往々にして新車時に渋く、走行5000kmあたりから緩くなってくるのがショックアブソーバー。本来の目的は振動の減衰。滑らかな動作以上にココが重要。作業は力仕事。余裕があればバネ&ダンパーのキットを取り付ける方がカンタンです。

  1. このページ - ショックアブソーバー取付P1・フロント1
  2. 分割ページ - ショックアブソーバー取付P2・フロント2
  3. 分割ページ - ショックアブソーバー取付P3・フロント3
  4. 分割ページ - ショックアブソーバー取付P4・リア1

クルマはこの型のデミオ(DE型)。

他の同クラスモデルでも近い部分があると思います。なのでパーツ購入前の参考にして頂けると思います。

作業内容の概要

10-t0110-t02

ショックアブソーバー(サスペンションダンパー)を交換します。サスペンションを取り外し、ダンパーを交換して元に戻します。足回りのブッシュの最適化も試みます。

今回スプリングは再利用。スプリングのみ交換する場合もダンパーのみ交換する場合も手順は一緒です。サスペンションキットで両方交換する場合は、外して取り付けるだけで完了します。

  1. タイヤを外しジャッキアップ、サスペンションを外します。
  2. バネとダンパーを分解し、ダンパーその他ショートパーツを新品に交換し、組み立てます。
  3. 各部ブッシュにシリコンオイルを吹いたり締め付け最適化の状態を作ります。
  4. サスペンションを車体に組み付けます。

使用する工具、ケミカル

  • 基本工具(ドライバーやメガネ、ラチェットなど)
    ボルトヘッドのサイズは12mm、14mm、17mm。メガネはできればストレート形状を2本。
  • ガレージジャッキ(フロアジャッキ)2台または、うち1台パンタグラフジャッキ。
  • リジットラック(通称ウマ)
  • スプリングコンプレッサー(ストラット用)
  • ヘキサゴンレンチセット(6角レンチ)。
  • 貫通しているディープソケット+ピンバイスや、貫通しているロングレンチなど(写真参照)。
  • シリコンオイル、ブレーキクリーナー。

10-t03

10-t0410-t05

下段左の画像にあるツール、デミオではこのようなツールが必要になります。

1.使用するパーツはこんな感じ

10-p0110-p02

左の画像から、前後ショックアブソーバー、ダストブーツ。

10-p0310-p04

左の画像から、アッパーマウント、ロアシートラバー。

10-p0510-p06

左の画像からバンプラバー、スライスベアリング。

サスペンション・スプリングは交換したばかりだったので再利用します。純正の新品です。

2.ジャッキアップして作業準備

2-1.車体をジャッキアップ

タイヤを外しての作業なのでまずはジャッキアップ。今回は2輪同時に上げられるガレージジャッキを使用します。最初にホイールナットを緩め、スロープに上がり、ジャッキアップします。

10-f-02

タイヤを外す際のサイドブレーキとシフトポジションはお好みで。

筆者はFF車の場合、Fタイヤはミッションでロック、Rタイヤはやや緩めにサイドブレーキを掛けるのが好みです。

10-f-03

フロントのジャッキアップポイントは、エンジンより後ろのフロントサスペンションメンバー中央部分。

コンパクトカーとはいえ奥深い位置なので、初めにスロープに前輪を載せるか、パンタジャッキを使用して片側から車体を持ち上げた状態で、ガレージジャッキを掛けます。

2-2.ウマ(リジットラック)をかける

10-f-0410-t02

ジャッキアップをしたらウマ(リジットラック)を掛けてジャッキを外します。取り外したタイヤを車体の下に入れておくとGood。

写真では4輪がリフトアップされていますが、普通は2輪ずつの作業がオススメです。まずはフロント、終わったらリヤ。作業途中の予期せぬ問題等を考えれば、リアの作業を別の日に回すことも十分に考えられます。

なのでよほど自信がある場合を除き、フロントのみウマを掛ければ十分です。

次のページは「P2・Fサスペンション取り外し」

10-f-0510-f-01

コツというか取り付け手順がわかってしまえば、作業自体はプラモデルの延長線上です。どちらかといえば肉体労働といった感が強いかも。

次ページでは車体からの取り外しの模様をお伝えします。

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

評価評論・比較レビューの「間違いいっぱいの自動車選び」。独断と偏見による5段階評価を続けています。
エンジン質感・駆動系質感・足回り質感・内外装質感・快適性・コストパフォーマンス

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。
意見ハッキリ、辛口評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
サイト開設18年!最新記事が最良です https://mistake-car.com/