公式ツイッターも更新しています。
スタッフの日常や試乗感などツイート中!

デミオ(DE型)200mmサイズのナビを取付「1」

当ページは1ページ目です!

200mmナビ取付の、概要と行程、必要パーツ

「元お車整備士」がお届けするカーオーディオコーナー
マツダ・デミオのカーナビゲーションを交換します。ワイドな200mmサイズ。通常の180mmサイズと比較すれば横幅が20mm広いタイプです。専用のパネルを使い、純正同様の手順でインストールを行います。

13-01メイン13-0213-03

付けたいナビのボディサイズが違った、なんてこれから出てくると思います。他車からの流用や安く手に入れたり。しかしまだネット上に情報が少ない!ということでワイドサイズのナビを付けてみました。

  1. 200mmナビ取付P1・概要
  2. 200mmナビ取付P2・加工箇所

クルマはこの型のデミオ(DE型)

他の車種でも同じような感じで取付できると思います。

当記事の著者: / 

作業内容の概要

DINスペース裏に来ている純正ハーネスを使用して200mmナビを取り付けます。基本的には外して付け替えるだけ。

それにプラス、GPSアンテナやオプションを設置して接続する作業が加わります。今回、市販のワイドサイズ用の専用パネルを使用し、加工は最小限にして取り付けを行いました。

  1. 純正ナビを取り外します。
  2. GPSアンテナ(必要なら地デジアンテナやETC)を設置し、配線をDINスペース裏まで引きます。
  3. 後付ナビを取り付けます。

使用する部品、工具

  • 基本工具(ドライバーやメガネ、ラチェットなど)
  • カナック カーAVインストレーションセット200mm 品番TBX-T007
  • カーナビゲーション本体と付属品

1.使用するパーツはこんな感じ

市販の200mmナビゲーション対応パネルキットを使用します。見つけたのは株式会社カナックという会社が販売している取付キット

13-0213-04

「カナック カーAVインストレーションセット200mm 品番TBX-T007」。
amazonで購入し、お値段は9000円ほど。

200mmサイズの内装パネル、ステー、車両側の電源線や信号線をギボシに変換する配線キットがセットになっています。

13-0513-06

このパネル(写真左)が200mmサイズのナビに対応するパネル。通常の180mmタイプより横に大きな穴が開いています。

右はカロッツェリアの200mmサイズのナビです。

カナック公式ページを見ても200mmナビを取り付けた例が載っておらず、その他ネット上にも情報を見つけられなかったため、チャレンジしてみました。

2.取付最終段階をイメージする

13-07

今回はナビを交換するだけなので、見た目に関する加工はありません。

仕上がりもサイズ違いを除けばほとんどそのまま、の予定です。

取り外したら必要なパーツを交換し、同じように組み込むだけで作業は完成(の予定です)。

※予定という部分に拘りますw 思い返せば、予定通りに終わったことはマレかも。

3.純正ナビの取り外し

13-08

まずは純正ナビを取り外します。デミオでの注意点は、グローブボックス側から止まっているボルトに注意してパネルを取り外します。

ナビゲーション本体はパネル側に固定させています。

※取り外し手順については割愛します。

次のページは「P2・取付には1箇所だけ加工が必要」

13-09s13-10s

200mmナビの取り付けにあたり、1箇所ですが、若干の加工が必要な場所がありますのでそのあたりを取り上げます。

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、率直なレビュー評価!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

サイト開設21年!最新が最良です https://mistake-car.com
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社 転載はご遠慮ください