2代目フィット試乗評価/P3・ライバル比較と総評

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2009年記事 ホンダ フィット
著:元自動車整備士)

ホンダ・フィット試乗「4」

ホンダ2代目フィット(GE系)の試乗レポート。グレードは1300cc。G・Fパッケージ装着車。ディーラーでの試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなど。

当ページは4ページ目です。 「ライバル比較と総評、別グレード」などを掲載中。

2代目フィットのインパネ2代目フィットのメーター
ホンダ
  • グレード:“fit-G Fパッケージ”
  • 型式:GE6
  • 車両価格:119.7万円
  • デビュー年:2007年10月〜
  1. 分割page - フィット試乗「1-1」・概要とエンジン&CVT
  2. 分割page - フィット試乗「1-2」・リアシートやラゲッジスペース、走行感覚
  3. 分割page - フィット試乗「1-3」・燃費と運転感覚
  4. このpage - フィット試乗「1-4」・ライバル比較と総評

中古車をお探しならこちらもぜひ。初代フィット試乗レポート
1500ccモデルをお考えならこちらがおすすめ。フィットシャトル試乗レポート

一クラス上と比較できるコンパクトカー

ドア最大開度このホームページは独断を偏見を多く含みつつも「辛口」が特徴。その中でフィットについては非常にいい評価となっています。安くて広い!リアシート使えるコンパクトカー。

初代フィットではなんともいえないボディデザインが人を選ぶ部分もありました。そんなフィットも2代目になりボディデザイン大きく洗練。キープコンセプトの方向でスタイリッシュになっています。

もはやライバルは一クラス上のみ。クルマの使い勝手を比較すれば、例えばカローラクラスと勝負できます。走行的な運転しやすさや快適性という面ではかないませんが、地味さと新鮮さで比較してもフィットの勝ちでしょう。

ドア最大開度車両価格150万円のフィットと同じく150万円のカローラを買おうと思えばどっちがお得か?どっちを選ぶか??

これ、食べ物に置き換えてみると面白い。例えば「クリーム」と「あんこ」。(お察しの通りフィットがクリームであんこがカローラ)。
安いモノでもそこそこ美味しいのがクリーム。高いモノでないと美味しくないあんこ。または海外でも勝負するフィット、国内で伝統のあるカローラ。いろいろと連想できますがこれは同格。

個人的には日本文化であるあんことカローラには敬意を払いつつ、代替え需要のために用意されるクルマがカローラだと思っている。どんなに地味といわれようとも必ず需要のあるカローラ。良さがわかる方にはとても良いクルマなのでしょう。

フィットで比較するならベルタ(ヴィッツセダン)ではちょっと役不足。どちらかといえばカローラですね。

こんな考え方も・・・

フィットの内容は素晴らしいと思います。しかしフィットって結局、お得感からの魅力。これで十分だから選ぶ。安くてオトクだから選ぶ。

内容で勝負したら結局上級のクルマにはかないません。無理して広いよりも余裕があって広い方がいいんです。無理して走りのレベルを追求しても、どこかにしわ寄せがくる。なんだかんだで車両価格が上がってしまう。
ということで、結局上のクラスのクルマにはかなわないんです。メーカーだって車格を重要視していると思います。

それならば個性派ボディデザインから、好きで買えるマーチの方が幸せ。割り切って買えます。
マーチでドライブしているご夫婦さんとか、奥様とか、なんか幸せ感を感じます。
無理できればFIAT500なんかいかがでしょ?試乗すれば笑顔の確率かなり高いです。

クルマ買って惨めというのもおかしな話ですが、筆者も体験しています。ファーストフードにはファーストフードの味がある。そんな考え方もありだと思います。

コンパクトカーだって狭いのはイヤ!そう考えるならフィットが一番、でも、趣味性など別の評価基準でコンパクトカーを選ぶのもの新鮮です。

コンパクトカー・ベストバイは変わらず

フィットは「その価格を考えれば」欠点は少ない。コンパクトカーではあり得ない室内空間、聞き飽きたぐらいのセンタータンク。思い切って燃料タンクを前に持ってくることにより、後部座席の空間を広くし、ラゲッジも奥行きある。だから後部座席を倒してもとても広々、かなりのモノを積むことができます。
どれだけフィットが走りにくい、走って疲れる、隣にも乗りたくないクルマといっても、デミオやスイフトじゃ独身の方専用車になってしまいます。フィットはこの広さだけで存在する価値がある。

内装を見ればデザイン的にインパネまわりが立派。メーター周りも個性的だけど立体感を感じさせてくれて満足感は高いでしょう。
ドリンクホルダーはインパネと一体型となっていて、インパネの左右端っこについています。テーブル感覚?フロント6個にリア4個、便利な反面、使わない方や生活感強いとか気にする方にはありがた迷惑ですね。

こんな選択も面白い!

もし現在、日産マーチにお乗りならば、だまされたと思ってこのフィットに乗り換えてみて下さい。そりゃ外観のデザインじゃ足下にも及ばないと思います。でもきっと、「広いって使いやすいね」なんて新しい世界を感じられるかもしれませんよ。
「ものは値段なり」。こんな言葉を覆すほどお得感のあるクルマ、それがフィットです。

もし現在、このフィットにお乗りで、自然な運転感覚ってなんだろ?と思ったら、マツダ・デミオに乗ってみて下さい。ミッション(CVT、AT、MTが選べる)がちょっと不快だけど、ここは割り切って試乗してみて下さい。きっと、無意味にドライブに行きたくなっちゃうかもしれませんよ。

もし現在、初代フィットにお乗りで、リアシートに人を乗せる事なんてほとんどなければ、スズキ・スイフト(3代目)をオススメします。内装と走行性能、フィーリング、間違いなくクラス以上の質感を持っています。
2代目フィットは飛ばしてください。

コンパクトカーの中古車を狙うなら、フィットを除きできるだけ現行モデルを。コンパクトカー全てにいえることですが、基本的にモデルサイクルが長め。ということで、1世代前になっただけでとたんに魅力を失います。値段だってそこまで割安かどうか微妙なところですから。

フィットのワゴンはフィットシャトル

前の世代ではエアウェイブと呼ばれていたフィットのワゴン、今回は冠名に”フィット”が残ってフィットシャトルというネーミングでラインナップ。


もし、フィットの1500ccを気に入って、でも静粛性の低さで悩んでいるなら(特にリアシート)。フィットシャトルという選択肢も有り。この場合、フィットシャトルの中でもハイブリッドがオススメ。エンジンノイズのみならず、リアからのノイズも軽減されてます。

追記:フィットRSとハイブリッドRS

ホンダのディーラーに行ってフィットRSに試乗させてもらい、ついでに見積もりを貰いました。

  • フィットRS 総額210万円 (車両価格174万円)
  • フィットハイブリッドRS 総額220万円 (車両価格196万円)

ミッションは6MTもCVTも価格は一緒。オプションはフロアマットとスマートキー、特別塗装色といった程度。
フィットRSとハイブリッドRS、標準装備の内容もほぼ同一なのでオプションも同一。

この状態で、支払総額は約10万円の差。なんで?と思って見積書を見渡せば、取得税の減税が違う。フィットRSは減税無し。フィット・ハイブリッドRSのCVTは75%減税、ハイブリッドRSの6MTは50%減税との事。ちなみに値引き額は同一でした。

ということでどちらといえばハイブリッドRSの方がお得なんでしょうけど、200万円を大きく越えるフィットなんて、燃費どうこう言うクルマじゃありません。

他のクルマと比較すれば

  1. フィットに220万円出せるなら、欧州的セダンの本格派ホンダ・アコードがオススメ。スポーティだしクルマとしての質はフィットとは次元が違います。アコードは値引きがオプションなしでも30万円以上は狙えるから、必要な金額はプラス30万円?
  2. また同じホンダで選ぶとすれば、ハイブリッドシステム搭載のCR-Zなんて如何?価格は220万円〜で上級グレードとの差はほとんど装飾品のみ。
  3. 試乗すれば間違いなく笑みがこぼれる??イタリアのFIAT500。洗練された内外装にポンコツの楽しさをギュッと濃縮。

いやいや俺はコンパクトスポーツが欲しいんだ!という場合には、スイスポ、ジュークGT、コルトラリーアートというあたりが上げられます。その他はポロならフィットRSの方が良い部分も感じるし、ヴィッツのRSは乗り味の質感がちょっと厳しい。

スズキ・スイフトスポーツの価格は1600ccで168万円(MT)。エコ関連の減税無しで総額200万円辺り。コルト・ラリーアートはもう少し高価で総額230万円を超えてくる。
ジュークGT(CVT)はさらに高価で、1600cc+ターボで220万円、減税なしで総額250万円を超えるだろう。

ジュークGTの車重は1290キロとミドルクラス級なんだけど、価格もミドルクラス。ホントにアコードクラスと変わらない価格に(アコードも2400ccで360万円というグレードも有り)。

価格帯が上位クラスとオーバーラップするコンパクトカーのスポーティグレードは余裕がないと選べないクルマみたいです。

フィット評価総合

コンパクトカーの居住性レベルを一気に引き上げた初代フィット。そしてネガティブ要素をリファインしてきた2代目フィット。

コンセプト的にも正常進化の方向性で、一発屋にならないだけ気合い入った変更が行われています。先代フィットからの進歩、代替え需要に応え定番人気になれるか非常に興味深いところです。

今回はほとんど初代フィットとの比較になりました。それはこの広さに惹かれたら広いこそ正義。フィットのライバルはフィット。現状でライバルはいません。

筆者は先代からの代替えを行わず、別の車種を選択しました。しかし内容的には十分、代替需要に応えるものだと感じています。内容だけでなくボディデザインも洗練され所有満足度も高まっていると思います。

他車からの乗り換えなら、初代フィットの中古車も強敵です。初代も2代目も長所は一緒で、違いは短所のレベル。CVTのギクシャク感や独特の乗り心地etc..。その辺りに細かいこと言わないよという方なら初代の中古も魅力です。

ホンダ フィット

ホンダ

fit (フィット)

  • 試乗グレード:“fit-G Fパッケージ”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2009y
  • 型式:GE6
  • 新車時価格:119.7万円

試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」がお届けします。
元自動車整備士

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ドア最大開度
ドアの開口部は90度まではいかないが事実上問題なし。


先代フィットにあった排気量を表すポッチはなくなった。先代は赤が1300cc、青が1500ccだったかな。


運転席カップホルダー
助手席カップホルダー
フィットのフロントシートにはインパネ、ドア、コンソール下部で合計6個のカップホルダーがある。



フィットシャトルのメーター上がこのページのフィット。下がフィットシャトル(ワゴンの兄弟車)。塗装対メッキやメーター照明色の違いがある。

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。