試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
HPヘッダー画像

2013年記事 ゴルフ-ハイライン
著:ヒラリー男爵

VWゴルフ(7型ハイライン)試乗「4」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗車はVWゴルフ(7型)。グレードはハイライン

当ページは4ページ目です。

「競合車比較、評価総合」を掲載

VW
  • グレード:“ハイライン”
  • 年式:2013年式
  • 型式:AUCPT
  • 車両価格:299万円
  • デビュー年:2013年6月〜
ゴルフ7内装1ゴルフ7ドアトリム

7型と呼ばれる7世代目のゴルフです。


  1. 分割 - ゴルフ7・ハイライン「1-1」内装と快適性能
  2. 分割 - ゴルフ7・ハイライン「1-2」エンジン&ミッション
  3. 分割 - ゴルフ7・ハイライン「1-3」手に触れる細部あれこれ
  4. ここ - ゴルフ7・ハイライン「1-4」ライバル比較、評価総合

関連: ゴルフ・トレンドライン試乗レポート こちらの方が内容充実しています。

簡単な試乗による簡単なレポート、プチインプレッションです

試乗内容は限定的。第一印象重視で一般的な表現を心がけています。

国産車、輸入車含めてのライバルは?

ゴルフ7、ハイラインの価格は299万円。車両価格、ボディサイズなどあらゆる部分でライバルはあまりに豊富。250万円〜300万円のクルマと言えば、素晴らしい特徴を持ったモデルが多数揃います。

実用車ならプリウス

キャラクターは違えど、プリウスもゴルフもCセグメントを代表するクルマ。どちらもボディサイズからすれば安くはありません。

段々と立派に高価に進化する自動車の現在を、よく表すベーシックな2台です。

スペース的にファミリーのファーストカーとしてはちょっとモノ足りず、セカンドカーとしては高価という微妙なポジションの争いでもある。

価格で比較するライバル

国産車だとアッパーミドルクラスのセダンと価格で競合します。

セダンならアコードを除き6気筒エンジンが狙える価格帯です。

乗り心地ならマークXかフーガ。走りの質感ならスカイラインかアコード。多少上乗せして見栄ならクラウン。輸入車が持つ趣味性の高さはないが、それぞれゴルフより優れた点がありどれも魅力。

ゴルフは、国産アッパーミドルに迫る走行的質感が魅力です。本質的な部分で優れます。小さなサイズで上級クラス並の質感。逆に言うと、ボディサイズが小さいのが長所です。

ボディサイズで比較

国産車のCセグメントと比較。こちらは価格250万円のトレンドラインと競合します。

国産車でCセグメントというと、150〜200万円が価格帯。なのでゴルフはトレンドラインでも50万円ほど高くなります。

単純に考えれば高価ですが、ゴルフに割高な感じはしません。静粛性など快適性が高く、走りの質感という面でゴルフに魅力があります。

VWらしさvsトヨタらしさ

VWゴルフがドイツ車らしい上質感なら、トヨタ・オーリスは日本車らしい高級感。

オーリスはエンジンがガサツで、それ以外の乗り味だって特別な点はありません。その変わり、どんな場面でも走りやすいのは魅力。

例えばトヨタの2代目オーリスは主力グレードで200万円弱。不満の少ないクルマ選びならこちらがおすすめです。ちなみに従来までの傾向だと、ゴルフは中古だと値落ち率が大きくてお得です。オーリスも人気から、多分お得です。

ゴルフ内グレードを比較

価格面で魅力的なのは「トレンドライン」というグレード。日本で販売されるゴルフ中、最も安価なグレードで、車両価格はハイラインより50万円も安価

値引きなど条件含めれば、国産Cセグメントクラスと同程度。もしくはちょっとがんばれば手が届く。

カタログでわかる差は、エンジンと装備面。
試乗するとどう?別ページにレポートをアップしています。

ライバル車:オーリス「120T」

ゴルフと強豪するトヨタ車がオーリス。

そんなオーリスには2015年のマイナーチェンジで、ターボ付き1200ccエンジン搭載グレードが登場
まさに”トヨタのゴルフ”と表現したくなりますw

個性薄いけど完成度高い

試乗すれば、コンフォート性能と運転しやすさを重視した印象。

アクもなければ刺激もない。だけどとっても乗りやすい。CVTやスロットル特性のセッティングもジェントル。そんな走行感覚。個性薄い一方、新しいエンジンでこれは凄いじゃないですか。

感想は一言!ゴルフの痛いところを突いてきたなって

さすがトヨタ様。中途半端はしませんw ゴルフのエンジンノイズやDSG、その他に不満を感じたら、オーリスに試乗してみると良いです。

使い勝手と気軽さ

以前のゴルフと比較すれば、かなり気楽な方向に進化しました。6型までのゴルフで苦言を発していたのは固すぎるシートや扱いにくいブレーキ。ここが特に、短距離走行や都市部で運転しにくい要因でした。

リアシート今回の7型ゴルフでは、シートは柔らかく、ブレーキも気楽なフィーリングに変更。燃費だって悪くはありません。

でもまだ、気軽さという部分では日本車やフランス車の方が優れています。

コンパクトなら気軽ではない

ボディが小さければ、日常でラクそうな気もしますが、そうと言えないこともしばしば。筆者の感覚だと、何かしらのポンコツさ(ダルさ)がないと、動かすのは面倒だと感じます。

今回も、上級車ライクなゴルフらしさはそのままだし、エンジン&DSGの扱いにくさは依然として残っています。

DSGの信頼性に不安?

さらに、信頼性のイメージ。特に最近は不安な要素があります。壊れそうだから大事に...なんて考えてたら、気軽には使えませんよね。

ゴルフらしいキャラクター

小さくても立派な内容。ちょっと硬質なドイツ車。そんなゴルフらしさはそのまま。でも方向性は、日本のユーザーにフレンドリーと思える方向に変化してるようにも感じられます。

多少はドイツ車らしさが減り、快適性を優先されたような部分も見受けられます。例えばドライバビリティの変化。都市部での運転が滑らかに走りやすくなりました。

見える部分では、アクセルペダルがつり下げタイプに変わりました。

どう受け取られているか周りの知人に確認すれば、残念という意見は少数派のようです。室内空間が広がったというメリットの方が好評みたいです。

ベーシックらしさは強い

ゴルフのボディデザインは地味と感じるほどベーシック感の強いもの。ボディデザインで選択すれば、ビートルかシロッコが魅力的。

でも現時点で比較すれば、基本性能の高いゴルフ7に惹かれるのは必然。乗りやすさや快適性、高級感など、多くの部分で優れています。

気になったらディーラー試乗をぜひ!単純に楽しいと思います。
でも、欲しくなっちゃうかもしれませんよ〜。

 


ゴルフ7メーターゴルフ7内装2

ゴルフ・ハイライン評価総合

7型ゴルフは、従来からのゴルフユーザー、VWユーザーからすれば、正統進化したクルマだと感じると思います。代換えなら価格以上の満足感を得られると思います。

ステアリングとメーター乗り心地やドライバビリティは好ましい方向に進化して、日本の交通状況で走りやすさが向上しています。

ゴルフ7の中でハイラインは、快適性もハンドリングも好ましく「走りやすくて乗り心地も良い」。文句のないバランスが好印象。

安価が嬉しいトレンドラインだとちょっとね、乗りにくさが目立ちます。一般的な走行でも神経使うハンドリングで、クルマ好きが満足できるかはクエスチョン。差は大きいです。

日本車ユーザーが乗り換える場合は、扱いにくさやギクシャク感、直進性の感覚など、運転感覚で違いを感じる部分が多そうです。

そしてこれら、短時間のディーラー試乗では気付きにくい部分。普段の運転で滑らかに運転するには慣れやコツが必要です。慣れちゃえば日本車より、強い個性を楽しめます

VW ゴルフ7 (Highline)

フォルクスワーゲン

Golf (ゴルフ7型)

  • 試乗グレード:“ハイライン”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2013年
  • 価格:299万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


本国仕様で発表されている、インパネ埋め込み型ナビ。


写真はゴルフ7・GTI。日本仕様もビルトインナビに変わった。



写真はトレンドライン。純正オンダッシュナビだと視界はこんな感じ。前方は問題ない。左側の感覚取るのが問題。



写真2点はトレンドラインの室内。


VWのザ・ビートル。地味なクルマが苦手ならこちらが面白い。どうやら2000ccエンジン搭載車が発売される模様。


エンジンフードのプレスラインは強烈な個性を出している。照明の下ではコントラストが強く出る。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です