公式ツイッターも更新しています。
スタッフの日常や試乗感などツイート中!

デミオ、ステアリング交換「3」

当ページは3ページ目です!

パーツ移植とクルマに付けて完成!

「元お車整備士」がお届けするメンテ、用品取付コーナー
マツダ・デミオ、純正パーツを利用して機能復活を目指します。D.I.Yで工賃節約。すり減って滑りやすくなったハンドルをオートエグゼブランドの純正取り扱いパーツに交換しました。

07-01メイン07-a-0107-16

クルマの操縦性が悪化したと感じたら、実はステアリングが原因なんてことも!手に不要なチカラが入り...。適度なグリップと滑りやすさ、重量バランスが考えられたハンドルに交換すれば効果は大きいです。

クルマはこの型のデミオ(DE型)。

他の車種でも同じマツダ車など近い部分があると思います。

当記事の著者: / 

4.新しいステアリングにパーツ移植「1」

取り外した純正ステアリングからパドルシフトスイッチやその他プラパーツを取り外し、新しいステアリングに移植します。スポークカバー?とその他もろもろ、取り外して同じように取り付けします。

※配線の取り回し、脳内記憶が不安でしたらスマホで撮影しながら進んで下さい。

4-1.外したステアリングからパーツ取り外し

スポルトのCVTはパドルシフト(両側2個ずつ)がついており、そこから外していきます。

07-12

まずはパドルシフト(変速UP側)から。

プラス2番のドライバーで2本のネジを外します。

07-13

パドルシフトのコネクタが横にスライドするカタチにはまっており、これを外さないとスイッチ本体が取れません。

なにか正式な外し方もありそうですが、今回は精密ドライバーのマイナスなどで何とか外しました。
またこのコネクタは、取付の時にもちょっと手こずりましたので、要領を覚えつつ外すとイイと思います。

07-14

取外したパドルシフト(シフトUP側) 長さ3センチぐらいのネジ(2本)で止まっています。


 

4.新しいステアリングにパーツ移植「2」

4-2.どんどん外していきます

この後は、外せるモノをどんどんと外していきます。見えるネジやわかりやすいパーツばかりなので、後先考えずにいっちゃって大丈夫です。

07-15

ステアリングの裏のカバーを外します。表を向けた状態で4ヶ所ネジで止まっています

ステアリング後ろのカバーを取外したら、次は表側のスポークカバーの取外し。
後ろのカバーを取外すとスポークカバーを固定しているネジが現れます。

ちょっとご注意を

※パドルシフトのコネクターと配線の位置を覚えておきましょう。
移植するときに「あれ???」ということになります。

続けて外していきます

07-16

次はスポークカバー。下のスポーク1か所、左右のスポーク2ヶ所ずつネジ止めされています。

07-17

左右に伸びたスポークは、パドルシフト(DOWN側)と一体になっています。真ん中の部分は壊さないように慎重に外しましょう。

4-3.交換するステアリングにパーツ取付

07-18

交換するステアリングに、いま取り外したパーツを付けていきます。手順は外したのとは逆につけていけばいいだけです。

※移植するパドルシフトの配線には注意。配線の通る場所、位置は元と同じように。

スマホで撮影していたら確認してみるのもイイかも。

5.車両に取り付けて完成

新しいステアリングにパーツの移植が完成したら、逆の手順でステアリングを取り付けて完成です。

エアバッグユニットまで取付が完成したら、忘れずにバッテリーも元に戻して下さい。

07-a-107-b-1

左の写真が交換後、右の写真が交換前

交換して、見た目に大きな差はありません。しかしクルマの挙動はまったく別物に変化しました。ステアリング交換をしたことのない方だと、想像出来ないほどの変化だと思います。

具体的には、猛烈に走りやすくなりました。一つは直進性が高くなったように感じます。ハンドルの落ち着きも上がったことは重量バランスの変化によるものでしょうか。

また安心感や人間とクルマの一体感も上がっています。滑りにくくなったことで手に力を入れる量が減り、細かなフィードバックがわかりやすく。また微調整が遅れず、少ない微調整角で済むようになったという変化も大きいです。

この滑りにくさはターンインの際にも顕著に表れ、以前より思った場所からクルマの向きが変わり始めるように感じられます。

手にチカラが入って遅れてた分を、クルマの反応が遅れていると脳が錯覚していた場面、実はハンドルと人間のセイだったというわけです。

38,000円で財布は氷河期に。しかしこの大変化とドライビング感覚は満足感高すぎです。


同様のメンテをヴィッツで行ったものもまとめています。
トヨタ・ヴィッツ:ステアリング交換

こちらも操縦感覚が大きく変わりました。せっかく作業するなら、ハッキリ違いが体感できる作業の方が、やる気もでるってものですね。

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、率直なレビュー評価!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

サイト開設21年!最新が最良です https://mistake-car.com
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社 転載はご遠慮ください